スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根岸ステークス2016の血統傾向


日曜日に東京競馬場ではダート重賞の根岸ステークスが行われます。まずは過去5年の傾向から。


ngs.png

・一昨年までは父サンデー系が連勝中だった

・近4年ではノーザンダンサー系がよく来るようになっている

父サンデー系は昨年来なかったのですが、今年も気をつけつつ、近年このレースで台頭しているノーザンダンサー系にも注意が必要かと思います。


現在注目しているのはアンズチャンで、父はヴァイスリージェント系のフレンチデピュティですし、東京ダート1400メートルでは4勝を挙げているコース巧者だと思います。前走は中山でしたし、期待できると思います。


武蔵野ステークス組ではモーニンとタガノトネールがエントリーしています。モーニンは前走で連勝がストップしましたが、父はストームキャット系ですし、今回も好走するのではないかと思います。タガノトネールもミスプロのクロスが入っているのですが、この馬も勝ち負けに入ってくるでしょう。

東海ステークス2016の血統傾向と現時点注目馬


日曜日には中京競馬場ではダートの重賞の東海ステークスが行われます。まずは過去3年の成績を載せます。


無題ts16

過去3年ですが、父か母父がミスプロ系の馬がよく馬券になっている気がします。


そのミスプロ系のキングカメハメハ産駒のロワジャルダンは人気を集めそうですが、2走前のみやこステークスで重賞初制覇で、前走はチャンピオンズカップで4着でした。兄にゴールデンチケットがいる血統で、3年連続で馬券になっているキングカメハメハ産駒ですから注目でしょう。


インカンテーションは昨年の3着馬で、母父はマキャベリアンですからこれもミスプロ系。今回は休み明けですからそれがどうかだと思います。ローマンレジェンドは今年で8歳になりました。チャンピオンズカップは厳しい競馬だったと思いますが、それなりに評価は必要か。


その他ではミスプロ系の馬は結構いますが、前走でベテルギウスステークスを勝ったマイネルバイカは母父がミスプロ系のフォーティナイナーです。同じくミスプロ系のアグネスデジタル産駒もアスカノロマンやモンドクラッセというところも傾向的には良いかと思います。

アメリカジョッキークラブカップ2016の血統傾向


日曜日に中山競馬場ではアメリカジョッキークラブカップが行われます。まずは過去5年の成績から血統傾向を見つけたいと思います。


無題ajccr

このレースでは毎年トニービンの血を持つ馬が馬券になっています。これは先週の日経新春杯と似た傾向にあります。ジャングルポケット産駒は3頭が馬券になり、ハーツクライ、母父トニービンなどが馬券になっています。


今回の登録馬ではクランモンタナ、フラガラッハ、マイネルディーンがトニービンの血を持っています。


また欧州系の血統も来ている気がします。トニービンもそうですが、キングヘイローやファルブラヴ、オペラハウスなどが馬券になっています。特にニジンスキーやリファールなどの欧州系のノーザンダンサー系は良いと思います。


今年の登録馬でトニービンの血を持っている馬は馬券になる可能性は高くないと思うので、欧州血統を狙うのも良いと思います。

愛知杯2016の対策

土曜日に中京競馬場では牝馬限定の重賞の愛知杯が行われます。昨年は開催されず、14年までは12月開催の3週目に行われていました。なので傾向は一新されると思うので、今回は中京芝2000メートルのデータを書きたいと思います。


無題cs2000


2014年以降の芝2000メートルの種牡馬成績ですが、キングカメハメハが最多の11勝を挙げていて、複勝率もトップです。続いてディープインパクトが2位。ハービンジャー産駒は3着の数が多いです。


今回の登録馬ではキングカメハメハ産駒がタガノエトワールとマキシマムドパリ。ディープインパクト産駒はリーサルウェポンが登録されています。


無題cs2000k


続いて枠順別成績ですが、7枠、8枠の勝率は高めだと思います。ただ偏った傾向は無いと思います。


無題cs2000i


最後に脚質ですが、一番成績が良いのは逃げですが、逆に追い込みの成績は良くないというデータになっています。


現時点では血統からみると、コース相性の良いキングカメハメハ産駒からタガノエトワールとマキシマムドパリに注目しています。タガノエトワールは牡馬相手のチャレンジカップでも5着していますし、マキシマムドパリは秋華賞3着の実績があります。

日経新春杯2016の血統傾向

日曜日に京都競馬場では古馬重賞の日経新春杯が行われます。まずは過去5年の成績から


無題nik


このレースはトニービンの血が重要ではないかと思います。11年は勝ったルーラーシップの母父がトニービン。13年の勝ち馬のカポーティスターの父はトニービンを内包しているハーツクライ。


14年は母父トニービンのワンツー。15年の勝ち馬のアドマイヤデウスの父はトニービンを内包しているアドマイヤドンです。ですから近年の日経新春杯はトニービンの血が重要ではないかと思います。


今年の登録馬で該当するのは、2年連続でこのレースで馬券になっているアドマイヤフライト、一昨年の勝ち馬のサトノノブレス、ハーツクライ産駒のシュヴァルグラン、ジャングルポケット産駒のダービーフィズですね。


続いて京都芝2400メートルの種牡馬成績です。2013年以降のデータを集計してみました。


無題k24


出走数が多いところではやはりディープインパクト産駒がトップ。ハーツクライ、キングカメハメハ産駒も複勝率は30パーセントあります。


今回のレースはまずトニービンの血を持っている馬に注目。登録馬で該当している4頭にはまず注目でしょう。

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。