スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリングステークス2016の予想


◎ ハレルヤボーイ

〇 マウントロブソン

▲ ロードクエスト

△ ドレッドノータス

△ マイネルハニー

△ ミッキーロケット

△ プランスシャルマン


本命のハレルヤボーイはトーセンファントム産駒ですが、ネオユニヴァースの直仔で、自身がスプリングステークス勝ち。産駒のアンライバルドもスプリングステークスを勝利しています。中山での未勝利戦も強い勝ち方だったと思いますし、中山適性は高いと思います。


また前走重賞勝ち馬はあまり相性の良くないレースで、前走500万条件を勝ち上がってきた馬達に妙味があるレースだと思います。なので前走500万条件を勝ってきたハレルヤボーイは3着以内に来れば妙味があると思います。


対抗も前走500万条件を勝ったマウントロブソンです。500万条件を勝ちあがってきた馬達は権利取りのためある程度仕上げてくると思っています。さらにこの馬は未勝利戦で共同通信杯を勝ったディーマジェスティと接戦した馬なのでポテンシャルはあると思います。


ロードクエスト、ドレッドノータスと言った重賞ウイナーは3番手、4番手にしました。重賞を勝った馬たちがことごとく次走で負けている世代なので、それらの馬より重賞未勝利馬に重い印を打ちました。


買い目

ワイド ①②④

馬連 ②-⑩⑪

三連複 ①②-④⑦⑧⑩⑪

ファルコンステークス2016の予想

◎ ショウナンライズ

〇 シュウジ

▲ トウショウドラフタ

△ ルグランフリソン

△ メイショウシャチ

△ シゲルノコギリザメ

△ レッドラウダ

△ ペイシャフェリシタ


芝1400メートルの重賞だけに1400メートルに強い血統がよさそう。本命のショウナンライズは芝1400メートルに強いダイワメジャー産駒で、牝系にはスティルインラブやローブデコルテなどがいる血統。芝1400メートルでも2勝しているように期待してみたいと思います。


シュウジはキンシャサノキセキ産駒で、フジキセキ産駒のブライトラインがこのレースを勝っています。それと距離短縮も良いのではないかと思います。クロッカスステークスを勝ったトウショウドラフタも芝1400メートルで連勝しています。2頭とも母父はミスプロ系です。


ルグランフリソンは500万条件でショウナンライズやトウショウドラフタと接戦しています。父はミスプロ系のスマートストライクですし、芝1400メートルへの適性は高いのではないかと思います。


買い目

馬連 ⑯-②⑤⑧⑨

三連複 ⑯-⑤⑧⑨-①②⑤⑧⑨⑩⑪

中山牝馬ステークス2016の予想


◎ ハピネスダンサー

〇 シュンドルボン

▲ アースライズ

△ ルージュバック

△ クインズミラーグロ

△ シングウィズジョイ

△ レイヌドネージュ

△ リーサルウェポン


この中山牝馬ステークスは馬力、パワーがある血統が良いレースであると思います。本命のハピネスダンサーは父が欧州系のメイショウサムソンで母父はクロフネですからパワーはあると思います。愛知杯は惨敗ですが、小倉大賞典では0.2差の競馬でした。


シュンドルボンは父がハーツクライで、トニービンを内砲しているのですが、グレイソヴリン系の馬がこのレースと相性が良いです。外枠ですが、先行力を生かせばチャンスはありそうです。アースライズも母父はケープクロスで、愛知杯でも3着と好走。フラワーカップでも2着していて、オークス4着の実績を評価しています。


買い目

ワイド ⑨-④⑯

三連複 ⑨-④⑯-①②④⑤⑫⑮⑯

フィリーズレビュー2016の予想


◎ アットザシーサイド

〇 メイショウスイヅキ

▲ ダイアナヘイロー

△ キャンディバローズ

△ カトルラポール

△ ウインミレーユ

△ ナタリーバローズ

△ クードラパン


フィリーズレビューは芝1400メートル戦だけにダート血統が良く来ている印象があります。本命のアットザシーサイドはキングカメハメハが父で、芝1400メートルでデビューから連勝しています。今回は賞金的にも権利を取りに行かなくてはいけない立場なのも良いと思います。


対抗のメイショウスイヅキは芝1400メートルでもみじステークスを勝利している経験があります。父もダート血統のパイロですし良いと思います。3番手のダイアナヘイローは春のリファールということで評価。明日は寒そうですが、エルフィンステークスの走りも悪くなかったと思います。


その他ではファンタジーステークスを勝ったキャンディバローズは賞金的に余裕があるので4番手の評価。後は人気薄の馬も来るレースなので妙味がありそうな馬を抑えに。


買い目

馬連 ⑨-③⑦⑱

三連複 ⑨-③⑱-③⑦⑬⑭⑯⑰⑱

中日新聞杯2016の予想


◎ ヤマニンボワラクテ

〇 ファントムライト

▲ クルーガー

△ ケツァルテナンゴ

△ アルバートドック

△ ブライトエンブレム 

△ サトノノブレス

△ ヒストリカル


中日新聞杯はコース改修後に過去4年行われていますが、ミスプロ系が毎年馬券になっています。メンバー的にも難しいレースですが、本命はキングカメハメハ産駒のヤマニンボワラクテにしました。前走のアメリカジョッキークラブカップでも5着とはいえ僅差の競馬でした。前にいける脚質も良いと思いますし、本命にしました。


相手の筆頭はファントムライトで、祖母がダイナカールですから良血です。ここ4戦は勝ちきれていませんが堅実に走っています。3番手のクルーガーは本命馬と同じキンカメ産駒で、外枠ですが走るかもしれません。


白三角はその他オープンで実績を残している馬にしました。ケツァルテナンゴは前走で白富士ステークスを勝ちました。アルバートドックは小倉大賞典はうまく行ったと思いますが、中距離なら安定して走れる馬でしょう。


買い目

ワイド ⑯-⑩⑪⑮⑱

三連複 ⑮⑯-⑤⑧⑩⑪⑭⑱

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。