FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ2015の予想

◎ ミッキークイーン

〇 ラブリーデイ

▲ サウンズオブアース

△ ナイトフラワー

△ イラプト

△ トリップトゥパリス

△ ショウナンパンドラ  

△ ゴールドシップ


◎ ミッキークイーン

日本の3歳牝馬は53キロと言うことで斤量の恩恵が多く、好走する馬も多い。ミッキークイーンは実際にオークスを勝っていて、また母父は東京コース得意のヌレイエフ系。父もジェンティルドンナで産駒が勝利しているディープインパクトと言うことで本命。


〇 ラブリーデイ

父はダービー馬のキングカメハメハで、母系のこのレースと相性の良いトニービンが入っている。今年春シーズンに使い詰めだった影響が危惧されるが、今年は日本馬は小粒なメンバー。これまでの実績で、勝ち馬候補はミッキークイーンとこの馬ではないかと見ています。


▲ 上がりの速い競馬では厳しい印象も、結局この馬が3番手になるような日本馬のメンバー構成。父はダービー馬のネオユニヴァースでこちらはジャパンカップを意識したローテか。多少タフな展開になれば上位争いしそうです。


外国馬ではナイトフラワー。3歳牝馬で斤量の恩恵もあるし、母系はヌレイエフ系のパントルセレブルにドイツ牝系で東京コースへの適性はもしかしたらあるかもしれないです。イラプトもこれまでの実績、またブエナビスタと同じ母父カーリアンは好材料。


トリップトゥパリスは母父がこのレースで3着したファンタスティックライトなので抑え。イトウは母父がジャパンカップで敗れたタイガーヒルなのでこの馬までは手は回らなかったです。


・ジャパンカップまとめ

ミッキークイーンとラブリーデイの2頭が揃って好走する可能性は低くないと思っていて、今年のメンバーなら勝ち馬はこの2頭に少し絞られるとの見解。外国馬では斤量の恩恵があるナイトフラワーが筆頭。ゴールドシップは走らなければわからないが、瞬発力勝負では出番はなさそう。


買い目

馬連 ⑪-①⑧⑩⑱

三連複 ①⑪-②⑧⑩⑫⑮⑱


マイルチャンピオンシップ2015の予想


◎ フィエロ

〇 イスラボニータ

▲ サトノアラジン

△ トーセンスターダム

△ ダノンシャーク

△ レッドアリオン

△ モーリス

△ ダイワマッジョーレ


◎ フィエロ

昨年の2着馬。叔父に欧州最強マイラーのロックオブジブラルタルがいる良血。母系がダンチヒ系だけに京都コースでは実績を残しています。ディープインパクト産駒は京都マイルは得意で、去年だけ走れば馬券にはなるでしょう。


〇 イスラボニータ

フジキセキ産駒はサダムパテックがこのレースを勝利。母父コジーンで、マイルへの距離短縮にも対応は出来そうです。天皇賞秋は外枠が響いたものの、控える競馬で3着に突っ込んだ。天皇賞秋からの参戦組みも馬券になるレースなので高い評価。


▲ サトノアラジン

ディープインパクト×ストームキャットのニックス配合。ただラキシスの弟なので、マイルよりも長い距離の方がパフォーマンスはありそうな気も。それでもディープ産駒なので高く評価。


トーセンスターダムはカンパニーの近親でディープ産駒、京都コースは得意で一発の可能性も。ダノンシャークは昨年の勝ち馬で適性は問題なく、後は加齢だけ。このレースと相性のよい欧州血統を母系に持つレッドアリオンと安田記念馬のモーリス、一昨年の2着馬のダイワマッジョーレまでが抑え。



・マイルチャンピオンシップ総括 

昨年だけ走ればフィエロは勝ち負けになるとの予想。逆に今年勝てなければ来年以降は厳しい。イスラボニータは普通に評価。そして京都マイルはやはりディープ産駒。モーリスは毎日王冠を使えず、休み明けなのが厳しい。さらに安田記念とはリンクしないレース。斤量増となるアルビアーノも今回は厳しいとの見方。


買い目

単勝 ⑩

馬連 ⑩-⑤⑧⑮

ワイド ⑩-⑨⑭

三連複 ⑤⑩-④⑧⑨⑭⑮⑯


エリザベス女王杯2015の予想

◎ タッチングスピーチ

〇 クイーンズリング

▲ マリアライト

△ ラキシス

△ ヌーヴォレコルト

△ ジュンドルボン

△ フーラブライド

△ スマートレイアー



◎ タッチングスピーチ

このレースは06年以降3歳馬が必ず馬券になっているので3歳馬を高く評価。秋華賞は6着と敗れたものの、今回は京都外回りに変わり巻き返しに期待したいです。ディープインパクトに母系はこのレースでも馬券になっている欧州系の系統でコース適性も問題ないでしょう。


〇 クイーンズリング

デビューから3連勝した馬で、秋華賞でも2着と好走しました。父マンハッタンカフェは産駒が京都でもGⅠ勝利があり、母父は凱旋門賞連覇したトレヴと同じで、ダンチヒ系だけに平坦コースは良いと思います。3歳馬2頭をまず評価。


▲ マリアライト

兄にダートで活躍しているクリソライトがいて、弟は神戸新聞杯勝ちのリアファル。こちらも母系は重厚な欧州血統で血統スケールは高そう。欧州色が強いだけに野芝のオールカマーは5着まで。今回なら馬券圏内にきてもおかしくはなさそう。


ラキシス、ヌーヴォレコルトも当然有力。リピーターが活躍するレースだけに今年も馬券圏内に来る可能性は十分です。産経大阪杯を道悪で勝っている様に馬場が悪くなるのは良いと思います。ヌーヴォレコルトは大外枠は少し厳しいと思います。他に評価したい馬がいたのでこの評価。


ジュンドルボンはこれも母系は欧州よりの血統で、道悪は得意かもしれません。いきなり上位に来てもおかしくはないと思います。ルージュバックは順調さを欠いてオークス以来の出走。常識的には厳しいでしょう。


買い目

ワイド ②⑧⑫ ボックス

馬連 ⑧-②⑩⑫⑱ ②-⑩⑱

三連複 ②⑧⑫-②⑧⑫-③⑩⑯⑰⑱
     

天皇賞秋2015の予想

◎ イスラボニータ

〇 ラブリーデイ

▲ ダービーフィズ

△ エイシンヒカリ

△ ショウナンパンドラ

△ ディサイファ

△ スピルバーグ

△ ラストインパクト

△ サトノクラウン


このレースは近年グレイソヴリンの血が有効的。少し前にはミラクルアドマイヤ産駒のカンパニーが勝利。またジャングルポケット産駒のトーセンジョーダンやハーツクライ産駒のジャスタウェイなどが近年では勝利するなど非常にこのレースと相性が良いです。


本命は昨年の3着馬のイスラボニータで、外目の枠は気になりますが、母父はグレイソヴリン系のコジーンです。コジーン自身がアドマイヤコジーンやローブデコルテなど、東京コースで実績を残した産駒を輩出しています。


昨年の天皇賞秋でも3着しましたが、タイム差はほとんどない競馬でしたし、昨年よりも強力なメンバーになっているとは思っていないので、今年も期待できるのではないかと思います。


相手はラブリーデイです。現在は宝塚記念を含む3連勝中で、今年の成績を考えるとここでも勝負になりそうです。母母父はトニービンで、以前このレースと相性の良かったノーザンテーストが母系に入っています。キングマンボ系もエイシンフラッシュが勝っているので問題はないと思います。


3番手はダービーフィズで、父はトーセンジョーダンでこのレースを勝っているジャングルポケットで、叔父にマンハッタンカフェがいる血統です。ここまでの実績は他の馬に劣るところがありますが、父がトニービンの直仔ということで爆穴候補です。


エイシンヒカリはディープインパクトにストームキャットのニックス配合です。さらに母母父がグレイソヴリン系のカロですから血統的には問題ないと思います。あとは展開やGⅠでの経験値がどうか。ショウナンパンドラも活躍馬を出しているディープ×フレンチデピュティの血統です。ここ2走の成績からここでも勝負できるかもしれません。


買い目

馬連 ⑯-⑧⑨⑮

ワイド ⑯-⑫

三連複 ⑯-⑧⑨⑫-①③⑦⑧⑨⑫⑮⑰

菊花賞2015の予想

◎ ミュゼエイリアン

〇 サトノラーゼン

▲ リアファル

△ レッドソロモン

△ ベルーフ

△ マッサビエル

△ リアルスティール

△ スティーグリッツ

△ ブライトエンブレム


最近の菊花賞のトレンドはロベルト系が良く馬券になること。12年は2着にブライアンズタイム産駒のスカイディグニティ、13年はシンボリクリスエス産駒のエピファネイア、昨年はスクリーンヒーロー産駒のゴールドアクターが3着するなど、過去8年で、11年を除いてロベルト系の馬が必ず馬券になっています。


本命はスクリーンヒーロー産駒のミュゼエイリアンで。春にはレベルの高かった共同通信杯で4着、毎日杯で重賞制覇の実績を残してきました。セントライト記念は評価出来ないレースだと思いますが、父がロベルト系、さらに母父のエルコンドルパサーは、06年の勝ち馬のソングオブウインドの父でもあります。


対抗は母父ロベルト系のサトノラーゼンで、こちらはスノーフェアリーの父でもあるインティカブが母父です。京都コースでは京都新聞杯勝ちがあり、ダービーでも2着。セントライト記念は参考外で巻き返す可能性は高いとみていて、本命と並行するような評価でもいいです。


3番手はリアファルで、こちらは母父がエルコンドルパサーです。母系がエルコンドルパサー×リヴァーマン×リボーという血統も評価したいと思います。あとは枠と展開でしょう。4番手はレッドソロモンで、牝系にダンスインザダークやスズカマンボがいます。人気はなさそうですが大穴候補。


ベルーフとマッサビエルは共にハービンジャー産駒ですが、それよりも母系を評価。ベルーフは叔父に菊花賞、天皇賞春の勝ち馬を出しているステイゴールドがいる血統を評価。マッサビエルは祖母がメジロドーベルです。


リアルスティールは最強マイラーと言われたミエスクの血などが入っているのでスピードに寄った母系だと思います。スローペースでの勝負ならわかりませんが、距離適性を問われるようなレースでは血統からは厳しいと見ています。


買い目

単複 ⑧

ワイド ⑧-②⑥⑰ ②-⑥
    
三連複 ②⑧-⑤⑥⑦⑩⑪⑭⑰
    

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。