スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪急杯2016の血統分析


今週の日曜日には阪神競馬場で阪急杯が行われますが、このレースの近5年の血統の傾向ですが、ダイワメジャー産駒が3年連続で馬券になっています。その他のサンデー系は勝ち切ることができず。後は芝1400メートルだけにダート血統も良く来ています。


ミッキーアイルは昨年の2着馬です。気性的に今は1200メートルから1400メートルへの適性に変わっていると思います。5歳になって上積みはそれほどなさそうですが、昨年の好走馬ですし走りそう。ただ父サンデー系ですし、勝ち切るかどうかは微妙だと思います。


昨年の桜花賞馬のレッツゴードンキは3ヶ月ぶりのレースとなります。オークス、秋華賞で2桁着順だったように、距離はマイル前後がよさそうです。父はキンカメですが、ミスプロ系もこのレースでよく馬券になっているので、適性は問題ないかと思います。


ドンキと同じくキングカメハメハ×母父サンデー系のミッキーラブソングは母がコイウタの血統です。阪神芝1400メートルで2勝しているので適性は問題ないと思います。オメガヴェンデッタはビハインドザマスクの血統で芝1400メートルは好走例が多いです。


ダノンシャークは8歳になりましたが、芝1400メートルでは1度も馬券になっていません。マイルがベターでしょう。昨年このレースを勝ったダイワマッジョーレは3戦連続着外です。適性はあるので復調しているかですね。

中山記念2016の血統分析


中山記念は過去5年の血統傾向からは血統内にトニービンの血を持つ馬が3年連続で連対しています。ハーツクライ産駒が連覇。かつてはミラクルアドマイヤ産駒のカンパニーも連覇しています。

後は母父サンデーサイレンスも4年連続で馬券になっています。12年はフェデラリストとシルポートのワンツー、ロゴタイプは2年連続で馬券になっています。


ここが復帰戦となるドゥラメンテは母がエリザベス女王杯を連覇したアドマイヤグルーヴで、祖母がエアグルーヴ、叔父にルーラーシップという血統はご存知だと思います。要は骨折明けのレースというのをどう取るか。

ドゥラメンテ自身が前走から2ヶ月間隔が空いた皐月賞に勝利したり、エアグルーヴは秋華賞で骨折した後のマーメイドステークスで勝利していたりと、休み明けでも走る気性ではないかと思います。それでも今回のメンバーでは本命は打ちにくいと思っています。


同じ4歳世代のリアルスティールはディープインパクトにストームキャットというニックス配合で、スプリングステークスは本番を見据えての競馬で2着。昨年の神戸新聞杯では休み明けで2着でしたが、これは骨折明けのレースでした。ただこの配合だと広いコースがベストではないかと思います。


イスラボニータは昨年の中山記念で1番人気で5着でした。これは馬場が影響したか。母父はトニービンと同じグレイソヴリン系で、仕上がりが早い血統ですが、衰えが無ければ今年は馬券になってもおかしくはないと思います。


他の注目馬ではロゴタイプで、このレースで2年連続で馬券になっているように、中山適性は十分です。また連続好走するリピーターも多いレースで、父のローエングリーンもこのレースで2勝しているように、今年も侮れないと思います。

フェブラリーステークス2016の血統分析


今回はフェブラリーステークスに出走予定の有力馬の血統について少し書きたいと思います。


・コパノリッキー 父ゴールドアリュール 母父ティンバーカントリー

父のゴールドアリュールはフェブラリーステークスはエスポワールシチーとコパノリッキーの計3勝を挙げています。このレースを連覇しているのでコース適性は問題ないと思うのですが、JRAのGⅠを3連覇した馬が出ていないこと、あとは展開に左右される面がありそうなのがどうかでしょう。


・ノンコノユメ 父トワイニング 母父アグネスタキオン

母のノンコは現役時代に現役時代に3勝を挙げた馬で、牝系には有馬記念などを制し、現在は種牡馬として活躍しているハーツクライがいます。父はフォーティナイナー系で、ノンコノユメがトワイニングの最高傑作となりそうです。コース適性は十分で、あとは週末の天気で馬場がどうなるかというのもありそうです。


・モーニン 父へニーヒューズ 母父Distorted Humor

父はストームキャット系のへニーヒューズで、母父はフォーティナイナーの直仔です。父の系統はへネシー産駒のサンライズバッカスが勝利しています。東京マイルは2勝していますし、後は根岸ステークス勝ち馬がなかなかフェブラリーステークスで結果が出せないのがどうかでしょう。


・ベストウォーリアー 父Majestic Warrior 母父Mr.Greeley

父はエーピーインディの直仔で、この系統はテスタマッタが12年に勝利しています。母父はミスプロ系で、そのミスプロの4×4のクロスを持っています。昨年の3着馬で、南部杯を連覇しているようにマイルの距離は問題ないと思うのですが、臨戦過程が今年は違うのがどうかでしょう。


・ホワイトフーガ 父クロフネ 母父フジキセキ

牝系にはドバイワールドカップなどを制したシングスピール、NHKマイルカップを制したダノンシャンティなどの活躍馬が多数います。マイルは走ったことはありませんが、距離自体には問題ない血統だと思います。後は牡馬との力関係になるでしょう。

きさらぎ賞2016の血統傾向


今週は京都競馬場できさらぎ賞が行われます。まずは過去5年の成績から見てみます。

無題ks


過去5年の勝ち馬はすべて父サンデー系です。遡ると2008年以降で父サンデー系が勝利しています。特にディープインパクト産駒が5年中4年で馬券になっています。


その他の傾向では最近は母系にノーザンテーストの血を持つ馬が好走しています。オルフェーヴル、ヒストリカル、タマモベストプレイ、トーセンスターダム、ポルトドートウィユなどが馬券になっています。


しかし今回の登録馬では母系にノーザンテーストを持つ馬はいないようです・・・。


そうなるとやはりこのレースで相性の良いディープインパクト産駒は有力だと思いますが、サトノダイヤモンドは母のマルペンサはアルゼンチンのGⅠを3勝した馬です。母系はダンチヒの系統です。


一方のロイカバードは母のアゼリはアメリカの年度代表馬にも輝いた馬です。母父ジェイドハンターはミスプロの直仔です。ディープ産駒はシクラメン賞を勝ったレプランシュがいますが、サトノとロイカの2頭はここでもかなり有力ではないかと思います。

日経新春杯2016の有力馬血統分析


無題nkst


日曜日に京都競馬場で行われる重賞の日系新春杯の有力馬の血統について簡単に書きたいと思います。


・シュヴァルグラン 父ハーツクライ 母父Machiavellian

姉にヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナ、叔父に重賞勝ちのあるフレールジャックとマーティンボロがいます。こちらはハーツクライ産駒の牡馬です。ハーツクライ産駒ですからこのレースに強いトニービンを内包しています。2400メートルで3連勝中ですのでここでも有力ではないかと思います。


・レーヴミストラル 父キングカメハメハ 母父Highest Honor

兄に青葉賞を勝ったアプレザンレーヴ、姉に阪神ジュべナイルフィリーズを勝ったレーヴディソールがいる良血です。母父はトニービンと同じグレイソヴリン系です。距離自体はアルゼンチン共和国杯の好走から問題ないと思いますし、キングカメハメハ産駒も京都芝2400メートルは悪くないです。


・サトノノブレス 父ディープインパクト 母父トニービン

兄に重賞で好走歴があるヒカルオオゾラ、牝系にはベガやアドマイヤベガがいる血統です。母父はこのレースに相性の良いトニービンで、一昨年の勝ち馬です。コース適性は問題ないと思いますが、斤量は58キロで、シュヴァルグランとは4キロ差あります。そこがどうかでしょう。


・ベルーフ 父ハービンジャー 母父サンデーサイレンス

母のレクレドールはローズステークスの勝ち馬で、叔父にステイゴールドがいます。ステイゴールドは01年の日経新春杯の勝ち馬です。コーナー4つの小回りに強い印象がありますが、叔父がステイゴールドというのはこのレースにおいて評価しても良いかもしれません。


・アドマイヤフライト 父マンハッタンカフェ 母父トニービン

近親にキタサンブラックがいる血統。日経新春杯では2年連続で馬券になっています。母父トニービンですし、このレースへの適性はあると思います。休み明けが問題ですが、昨年も夏以来のレースで3着。休み明けで2勝していますし、苦にするタイプではないと思います。


プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。