スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生賞2016の血統分析


今週は日曜日に中山競馬場で皐月賞トライアルの弥生賞が行われます。過去の傾向ですが特に血統の偏りはないと思います。ネオユニヴァース産駒が出てくれば黙って買いの部分もあるレースですが、今回はエントリーがなく、アンライバルド産駒のモウカッテルが出ているくらいです。


朝日杯FSを勝ったリオンディーズは母が日米オークスを勝ったシーザリオで、半兄にエピファネイアがいる血統。そのエピファネイアは弥生賞で4着でした。朝日杯は強烈な勝ち方でしたが、本番はクラシックですから仕上がり具合なども注目です。


朝日杯で2着だったエアスピネルは母が秋華賞馬のエアメサイアです。近親にエアシェイディやエアシャカールなど中山で実績を出した馬がいます。この馬も中山はうまい可能性があります。今回はどう乗るかなどの興味もあります。


若駒ステークスを勝ったマカヒキは姉にウリウリがいる血統です。ディープインパクトにフレンチデピュティの配合は13年の勝ち馬のカミノタサハラと同配合となります。若駒ステークスも内容は良かったと思います。


その他ではタイセイサミットは重賞では東スポ杯で6着の成績がありますが、これは直線で不利がありました。前走は順当勝ちで、3強に対抗する馬ならこの馬。他はちょっと厳しいと思います。


リオンディーズとエアスピネルは賞金的にクラシックの出走は大丈夫。マカヒキは逆に賞金を加算したいでしょう。その点を考えるのと、今年の牡馬クラシック世代はまだ重賞を2勝以上している馬がいなかったはず。勝ち馬が入れ替わるレースが続いています。


これらの要素から3強の中ではマカヒキが今回では高評価になると思います。他の馬ではタイセイサミットにもチャンスはあるのではないかと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。