スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪急杯2016の血統分析


今週の日曜日には阪神競馬場で阪急杯が行われますが、このレースの近5年の血統の傾向ですが、ダイワメジャー産駒が3年連続で馬券になっています。その他のサンデー系は勝ち切ることができず。後は芝1400メートルだけにダート血統も良く来ています。


ミッキーアイルは昨年の2着馬です。気性的に今は1200メートルから1400メートルへの適性に変わっていると思います。5歳になって上積みはそれほどなさそうですが、昨年の好走馬ですし走りそう。ただ父サンデー系ですし、勝ち切るかどうかは微妙だと思います。


昨年の桜花賞馬のレッツゴードンキは3ヶ月ぶりのレースとなります。オークス、秋華賞で2桁着順だったように、距離はマイル前後がよさそうです。父はキンカメですが、ミスプロ系もこのレースでよく馬券になっているので、適性は問題ないかと思います。


ドンキと同じくキングカメハメハ×母父サンデー系のミッキーラブソングは母がコイウタの血統です。阪神芝1400メートルで2勝しているので適性は問題ないと思います。オメガヴェンデッタはビハインドザマスクの血統で芝1400メートルは好走例が多いです。


ダノンシャークは8歳になりましたが、芝1400メートルでは1度も馬券になっていません。マイルがベターでしょう。昨年このレースを勝ったダイワマッジョーレは3戦連続着外です。適性はあるので復調しているかですね。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。