スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山記念2016の血統分析


中山記念は過去5年の血統傾向からは血統内にトニービンの血を持つ馬が3年連続で連対しています。ハーツクライ産駒が連覇。かつてはミラクルアドマイヤ産駒のカンパニーも連覇しています。

後は母父サンデーサイレンスも4年連続で馬券になっています。12年はフェデラリストとシルポートのワンツー、ロゴタイプは2年連続で馬券になっています。


ここが復帰戦となるドゥラメンテは母がエリザベス女王杯を連覇したアドマイヤグルーヴで、祖母がエアグルーヴ、叔父にルーラーシップという血統はご存知だと思います。要は骨折明けのレースというのをどう取るか。

ドゥラメンテ自身が前走から2ヶ月間隔が空いた皐月賞に勝利したり、エアグルーヴは秋華賞で骨折した後のマーメイドステークスで勝利していたりと、休み明けでも走る気性ではないかと思います。それでも今回のメンバーでは本命は打ちにくいと思っています。


同じ4歳世代のリアルスティールはディープインパクトにストームキャットというニックス配合で、スプリングステークスは本番を見据えての競馬で2着。昨年の神戸新聞杯では休み明けで2着でしたが、これは骨折明けのレースでした。ただこの配合だと広いコースがベストではないかと思います。


イスラボニータは昨年の中山記念で1番人気で5着でした。これは馬場が影響したか。母父はトニービンと同じグレイソヴリン系で、仕上がりが早い血統ですが、衰えが無ければ今年は馬券になってもおかしくはないと思います。


他の注目馬ではロゴタイプで、このレースで2年連続で馬券になっているように、中山適性は十分です。また連続好走するリピーターも多いレースで、父のローエングリーンもこのレースで2勝しているように、今年も侮れないと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。