スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーステークス2016の血統傾向


今週の日曜日には東京競馬場で今年最初のGⅠのフェブラリーステークスが行われます。まずは過去5年の成績を載せます。


無題fs


かつてはエスポワールシチーに代表されるように父か母父がロベルト系の馬が良く馬券になっていました。ただここ2年は該当する出走馬がいない状態だったと思います。


今年は母父ブライアンズタイムのサノイチ、スクリーンヒーロー産駒のプロトコルが登録されています。ただサノイチはホッコータルマエが出走すれば除外になるようです。


その他では昨年は母父ミスプロ系のワンツー。ゴールドアリュール産駒は4年連続馬券になっているなどの傾向もあります。


血統以外では、過去5年だと馬券になっているのが馬体重が470キロ以上の馬で、小柄な馬は馬券になっていません。逆に大型馬が馬券になっているようです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。