スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京新聞杯2016の血統傾向


日曜日に東京競馬場で東京新聞杯が行われます。まずは過去5年の成績から

無題tsh


2014年は雪で順延したので参考程度に見てもらいたいのですが、サンデーの血を持っている馬が多く馬券になっています。あとはサンデー系×ノーザンダンサー系の馬が毎年馬券になっています。


ダノンプラチナはディープインパクトにミスプロ系のアンブライドルズソングの配合です。ミスプロ系の馬は過去3年馬券にはなってはいませんが、2走前に富士ステークスを勝っているので同コースへ適性、また配合的にもマイルは良いと思います。


ダッシングブレイズは父はサドラーズウェルズ系で、母系はインリアリティ系で日本ではマイナーな血統になります。この馬も2走前に紅葉ステークスで東京マイルの勝ち鞍があります。ただサンデーの血は入ってないです。


トーセンスターダムは前走の京都金杯は出遅れが大きく影響しましたし、外枠も厳しかったと思います。今回は巻き返してもおかしくは無いと思います。


グランシルクはブレイクランアウトが叔父にいる血統で、東京コースでは勝ち鞍がないですが、注意は必要かと思います。あとはサンデー系×ノーザンダンサー系の配合のスマートレイアーにも注目でしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。