スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成杯2016の有力馬血統分析

無題ksht


・ウムブルフ 父ディープインパクト 母父Monsun

母父Monsunはドイツのリーディングサイアーで、母系はドイツ牝系。リファールの4×4のクロスを持っています。ドイツ牝系はエイシンフラッシュがこのレースを勝った実績もあり、ディープ産駒も先月のホープフルステークスを勝利するなど中山芝2000メートルでの成績も良いです。ウムブルフ自身も前走で同コースで勝利。


・マイネルラフレシア 父ジャングルポケット 母父ダンスインザダーク

牝系には天皇賞秋に勝利したバブルガムフェロー、菊花賞馬ザッツザプレンティ、阪神JFを勝ったショウナンパンドラなどを輩出しています。グレイソヴリンを血統に持っている馬はフェイムゲームなどが馬券になっていますし、配合的にも2000メートルは十分にこなせそうです。


・プランスシャルマン 父ジャングルポケット 母父サンデーサイレンス

この馬もジャングルポケット産駒。祖母は重賞で活躍したシングライクトークで、近親にはフローラステークスとターコイズステークスを勝利したシングウィズジョイがいます。ジャングルポケット×サンデーは活躍馬も多数。好メンバーだったホープフルステークスからの巻き返しもありそうです。


・メートルダール 父ゼンノロブロイ 母父Silver Hawk

母のイグジビットワンはイタリアGⅢのパオロメザノッテ賞(芝2000メートル)の勝ち馬です。母系にはサドラーズウェルズが入っていて、ゼンノロブロイ産駒も中山で芝重賞勝利がありますし、前走の葉牡丹賞は大外回しながらの勝利でした。能力は高いのではないかと思います。


・ユウチェンジ 父スウィフトカレント 母父ウイニングチケット

父のスウィフトカレントは小倉記念を勝利し、天皇賞秋でも2着した馬で、ヴィクトワールピサ、アサクサデンエンが兄弟にいます。母のユウキャラットは忘れな草賞に勝利してオークスでは2番人気で3着でした。サンデー系にトニービン系の配合で、朝日杯4着はそれなりに評価してよいのではないかと思います。


取り合えず今回もnetkeiba.comの予想オッズで上位になっていた5頭について解説しました。その他ではキングカメハメハ産駒のケルフロイデ、ハービンジャー産駒のプロフェットも京成杯には適性はありそうです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。