スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンザン記念とフェアリーステークスの回顧


今週は3日間開催でしたが、ここではまず、週末に行われた重賞について簡単に回顧したいと思います。こういった記事を今後も書ければと思います。


・シンザン記念

勝ったロジクライは好位につけて、インコースをそつなく回って来ました。6番枠を生かした形になったのがよかったと思います。ハーツクライにマキャベリアンの配合でマイルから中距離くらいが守備範囲だと思います。皐月賞前に一回叩使うのかもしれませんが、トライアルが試金石だと思います。


2着のジュエラーは後方にいながら、良く伸びてきました。この2着は評価してよいのではないかと思います。父がヴィクトワールピサで、姉はワンカラットですが、桜花賞でもやれる馬かもしれません。更に賞金を加算したいでしょう。


3着のシゲルノコギリザメは前に行った分、粘ったのでしょう。スーパーホーネットにタイキブリザードの血統はマイナーですが、これからも面白そう。アストラエンブレムはもう一つ。現状はこのぐらいの力なのでしょう。


ラルクはスローの新馬を逃げ切った後のレースで、過剰評価だったかもしれません。またピースマインドは距離短縮が響いたものと思われます。


・フェアリーステークス

勝ったビービーバーレルはマイペースの逃げでした。前半の800メートルは47.5秒ですから良いペースで逃げれたと思います。パイロ産駒はJRA重賞初制覇。中館厩舎も重賞初制覇でした。近年のフェアリーステークスの勝ち馬はなかなか大成することはないので、次走のパフォーマンスも重要でしょう。


2着、3着はダイワの2頭でした。共に4コーナーで好位につけていたので、ペースも良かったと思います。ダイワドレッサーは中山得意のネオユニヴァース産駒。3着のダイワダッチェスはキングマンボ系のワークフォース産駒。キングマンボ系はまたしても馬券になりました。


本命にしたラブリーアモンは後方2頭目の追走でした。上がりはメンバー最速を使いましたが、このペースでは届かないでしょう。牝馬限定の自己条件なら巻き返しも。ダイワダッチェスが3着に来たことで、来年以降もキングマンボ系は注目でしょう。


・週末の注目馬

寒竹賞はタイセイサミットが勝利しました。ゴール前の差しきりですが、内容は強かったと思います。東スポ杯、朝日杯と力を出し切ったとは言えないと思うので、重賞でも注意が必要かと思います。


その他では土曜中山のデルカイザーは期待はずれ。過大評価だったかもしれません。日曜京都のリンガディンドンはシンガリ負けで、何かしらアクシデントがあった可能性はあります。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。