スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアリーステークス2016の有力馬血統分析

今回は月曜日に行われる第32回フェアリーステークスの有力馬の血統について簡単に書いていきます。netkeiba.comの予想オッズから5頭選んでみました。


・クードラパン 父ダイワメジャー 母父Dynaformer

父のダイワメジャーは最優秀2歳牝馬のメジャーエンブレムを輩出したように仕上がりは早いです。父はロベルト系で、叔父に共同通信杯を勝ったブレイクランアウト、兄にニュージーランドトロフィー2着のグランシルクがいます。自身が中山マイルを勝っているように血統的には今回のコースは合っていると思います。


・クィーンズベスト 父ワークフォース 母父フジキセキ

父はキングマンボ系のワークフォース。叔父にフレールジャックとマーティンボロがいて、近親にはヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナがいる血統です。ワークフォースは新種牡馬ですが、このレースと相性のよいキングマンボ系なのは高評価。マイルはこなせてもおかしくはないです。


・リセエンヌ 父ディープインパクト 母父Monsun

母ラブームはドイツ産でフランス中距離GⅢを2勝した馬です。なので牝系はドイツ血統。母父はドイツのリーディングサイアーのMonsunです。血統的には中距離以上が良さそうですが、能力でマイルをこなす可能性はありそうですね。


・アルジャンテ 父ディープインパクト 母父Favorite Trick

母父はニアーティック系で、ブリーダーズカップジュべナイルなどに勝利した馬です。なので仕上がりは早いのではないかと思います。ダート色がある馬もこのフェアリーステークスで好走するケースも多いので、上位に食い込む可能性はあると思います。


・コルコバード 父ステイゴールド 母父エンドスウィープ

母のエンシェントヒルはトパーズステークスや仁川ステークスなどダート1800のオープンを4勝した馬でした。祖母のアズテックヒルはアメリカダート重賞3勝した馬です。母父はミスプロ系ですし、今回も好走する可能性はありそうです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。