スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンザン記念2016の血統傾向

日曜日には京都競馬場で第50回シンザン記念が行われます。まずは過去5年の成績から


無題sk16


・父サンデー系は過去5年で11頭馬券になっている

・ダート血統、欧州血統の馬も馬券にはなっている


過去5年では父サンデー系が強い傾向ですが、昨年は父が非サンデー系の馬がワンツー。これといった顕著な傾向は無いと思います。続いては過去3年の1回開催の京都芝1600メートルの種牡馬成績です。


無題1k16


複勝率が高いのはディープインパクト産駒とスペシャルウィーク産駒です。ディープインパクト産駒は連対率は41パーセントもあります。非サンデー系ではクロフネとアドマイヤムーンが勝率は高くないですが、複勝率は30パーセントあります。


無題sk10



最後に過去10年の枠番別成績ですが、7枠、8枠が2勝ずつしてますが、基本的には内枠有利ではないかと思います。特に1枠入った馬の複勝率は42.9パーセントあります。


ここ数年の正月の京都開催の芝は内有利の馬場になると言われているので、やはり今年のシンザン記念も内に入った馬は有利だと思います。実際にこのレースは1枠が良い成績を出しています。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。