スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1回中山開催ダートの血統傾向について

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


今回はターゲットを使って、1月の中山開催のダートの種牡馬成績などを載せたいと思います。


・中山ダート1200メートル種牡馬成績


無題nd12


2013年からの過去3年の成績を集計しているのですが、上位10位までにミスプロ系の種牡馬が5頭入っています。種牡馬のところを赤く表示しているにはミスプロ系です。率が良いのはサウスヴィグラス、マイネルラヴ産駒です。またプリサイスエンド産駒は勝ちきっているイメージがあります。

その他注目種牡馬

マツリダゴッホ (2-2-1-6)

キンシャサノキセキ (2-1-1-2)



・中山ダート1800種牡馬成績

無題nd18

緑色が目立ちますが、こちらは父サンデー系の種牡馬が上位独占。好成績を挙げているのはハーツクライ、ネオユニヴァースです。逆に1200メートルでよかったミスプロ系はキングカメハメハだけ上位になっています。

その他注目種牡馬

デュランダル(2-1-1-7)


ダート1200メートルはミスプロ系が強いのではないかと思います。その他ではキンシャサノキセキ産駒で、これは通年安定した成績をここまで残しています。


逆にダート1800メートルでは父サンデー系が上位にランキングされているので、サンデー系を狙うのも良いと思います。特に芝でも実績のある種牡馬が良いように思えます。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。