スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞2015のデータ 枠順、脚質別成績など


今週行われる菊花賞の過去10年のデータについて書きたいと思います。まずは枠順別成績を

無題kw

1枠が最多の3勝を挙げるなど成績が良いです。コース状から不利ではないかと言われる外枠でも7枠は5頭が連対しています。ただ8枠だと成績は下がります。


無題kk1


逃げ切りは98年のセイウンスカイ以来出てないと思います。連対も01年のマイネルデスポットまで遡ります。また後方からも勝ちはなく、天皇賞春もそうですが、4コーナーである程度の位置につけている馬が有利です。


・人気別成績

1番人気 5-1-1-3
2番人気 0-2-0-8
3番人気 1-0-4-5
4番人気 1-1-0-0
5番人気 0-2-0-8

6~9番人気 3-3-4-30

10番人気以下 0-1-1-86


1番人気が5勝していますが、6~9番人気の馬も3勝しているので伏兵にもチャンスがあるレースと言えます。2番人気は勝ちきっていないです。



・所属別成績

美浦 0-0-2-42
栗東 10-10-8-106

出走頭数の違いはありますが、02年以降は関西馬が14連勝中です。関東馬は01年のマンハッタンカフェ以来勝っていません。連対も04年のホオキパウェーブ以来ありません。



まとめ

・内枠が有利。外目の枠なら7枠

・極端な脚質は厳しい。4コーナーである程度の位置にいる馬が強い

・1番人気が5勝も、伏兵も勝つことのあるレース

・データ上では関西馬が断然有利


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。