スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌記念2015の血統傾向と有力馬分析

今週は札幌競馬場で札幌記念が行われます。今回は函館開催だった13年を除いての過去5回の血統傾向と、有力馬の血統を含めての現時点での評価について書きたいと思います。


このレースですが、函館で行われた年を除くと、母父ノーザンダンサー系の馬が3連勝しています。


11年 トーセンジョーダン 母父ノーザンテースト
12年 フミノイマージン  母父ディキシーランドバンド
14年 ハープスター   母父ファルブラヴ


そもそも札幌で行われた過去5回のレースで母父ノーザンダンサー系は10頭馬券になっています。11年は上位独占でした。まず母父ノーザンダンサー系に注目です。


spok3.png


札幌記念の出走馬拡大


注目したいのはラキシスで、母父はストームキャットです。サトノアラジンの姉で、ディープ×ストームキャットのニックス配合です。またこのレースは牝馬が5勝しているレースで相性が良いです。2000メートルは大阪杯を勝っていますし、注目の馬だと思います。


トーホウジャッカルは久々だった宝塚記念で4着と好走しました。スペシャルウィーク産駒初の牡馬クラシックホースで、母系は馬力がありそうな血統をしているので洋芝に対応できるのではないかと思います。


ラストインパクトは叔父にナリタブライアンやビワハヤヒデがいる血統です。洋芝は初となりますが、苦にすることは血統からはなさそうです。天皇賞春4着以来のレースですが、ここまでの実績からは勝ち負けでしょう。


ダービーフィズは急死したマンハッタンカフェが叔父にいる血統で、アプリコットフィズなどが兄弟にいます。ジャングルポケット産駒はトーセンジョーダンが勝っていますし、函館記念を勝っている馬でもあり洋芝は得意な部類だと思います。


ディサイファは母母父がダンチヒです。函館で2勝していますし洋芝適性は高いと思います。ハギノハイブリッドは牝系にスティンガーなどがいる血統で、函館記念2着のように洋芝は問題ないと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。