スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロキオンステークス2015の血統傾向

今週は七夕賞のほかに、中京競馬場でプロキオンステークスが行われます。中京のダート1400メートルに変わって今年で4年目になります。過去3年の傾向は参考程度にするのが良いかと思います。


過去3年ではキングカメハメハ産駒が必ず馬券になっています。12年、13年とアドマイヤロイヤルが2年連続で連対しています。また12年は母父マキャベリアンのトシキャンディ、14年は母父ゴーンウエストのベストウォーリアが勝っています。


父か母父がミスプロ系の馬は過去3年で馬券になった9頭のうち、6頭がそれに該当します。ミスプロ系の血は今年も注意が必要かと思います。ただ今年は該当する馬が多い感じがします。


注目どころではベストウォーリアーは昨年の勝ち馬ですからコース適性は問題ないと思います。あとは斤量が59キロなのがどうかでしょう。エアハリファは能力は高いと思いますが、ストームキャット系×ダマスカス系でミスプロの血が入っていません。


レッドアルヴィスはカレンブラックヒルの弟で母父がミスプロ系。ダート1400メートルで実績があります。コーリンベリーはミスプロの3×4のクロスがかかっています。この馬もオープンのダート1400メートルで実績があります。


ワイドバッハは昨年は7着に敗れましたが、そこから力をつけている感じがします。この馬は母父がミスプロ系。ドリームバレンチノも母父がミスプロ系ですが、この馬もベストウォーリア同様、斤量が59キロです。


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。