スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニコーンステークス2015の有力馬ガイド


今週はユニコーンステークスについて書きたいと思います。このレースについては2010年から13年までノーザンダンサー系の馬が良く馬券になっていて、ヴァイスリージェント系は4年連続で馬券になっていました。


昨年はそのノーザンダンサー系は馬券になりませんでした。ここ2年はミスプロ系が馬券になっていますが、今年はもう一度ヴァイスリージェント系、またはこれからトレンドになるかもしれないミスプロ系は注意したいです。



ドバイ帰りのゴールデンバローズはタピットの産駒で、テスタマッタが日本では代表産駒です。テスタマッタがフェブラリーステークスを勝ったようにゴールデンバローズも東京ダート1600メートルは3戦3勝です。


UAEダービーは3歳の春の時点での遠征競馬を考慮すると3着は高く評価してよいと思います。状態さえ整っていれば普通の勝ち負けでしょう。


ノンコノユメはフォーティナイナー系のトワイニングが父で、近親にハーツクライがいる血統です。東京ダート1600メートルは3戦して2勝していて、同コースの青竜ステークスを勝利した馬でコース適性は問題ないでしょう。


アルタイルはその青竜ステークスで2着した馬です。父はカネヒキリで、05年にこのレースを勝っています。この馬も東京ダート1600メートルの適性はありそうです。タップザットもゴールデンバローズと同じタピット産駒で、この馬もドバイ以来のレースです。やはり状態面がポイントになりそうです。


ヴァイスリージェント系ではラインルーフはフレンチデピュティ産駒で、鳳雛ステークスでも2着しています。アキトクレッセントは母父フレンチデピュティで、昇竜ステークスを勝った馬です。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。