スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生賞の有力馬の血統分析など


今週は中山競馬場で弥生賞が行われます。このレースの傾向はあまりないと思うので有力馬のコメントから書きたいと思います。


シャイニングレイは叔父にNHKマイルカップ2着、ダービー3着のブラックシェルがいます。そのブラックシェルは弥生賞で2着の実績もあります。母のシェルズレイはローズステークスの2着馬。


同じコースで行われたホープフルステークスの勝ち馬。そのレースで3着だったブラックバゴはその後京成杯でも2着。メンバーレベルはそこまで低いとは思いません。あとは今季初戦というところでしょう。


トーセンバジルは叔父に天皇賞秋を勝ったトーセンジョーダン、京都新聞杯を勝ったトーセンホマレボシがいる良血です。ハービンジャー産駒は初年度でサンプル数は少ないですが、葉牡丹賞のトーセンバジルや京成杯のベルーフなどが中山芝2000メートルで勝っているので適性はありそうです。


クラリティスカイは兄がクラリティシチー、祖母がクリスタルカップを勝ったタイキダイヤがいます。クロフネ産駒ですから仕上がりは早そうで、母系はスピード系の血統だと思います。同世代相手なら2000メートルまでは持ちそうです。


サトノクラウンは父のMarjuはラストタイクーンの系統、母父はMiswakiの系統です。姉に英国2歳牝馬GⅠのチェヴァリーパークS(芝6F)の勝ち馬がいます。字面はスピード寄りの血統のように見えます。今回は距離がどうかを見極めるレースだと思います。


京都2歳ステークスを勝ったベルラップですが、母は現役時代3勝、叔父にダートを中心に走り6勝を挙げたベルーガがいます。賞金は十分にあるのでここは無理はしないでしょう。ブライトエンブレムは母が秋華賞馬のブラックエンブレムで、このレースと比較的相性の良いネオユニヴァース産駒です。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。