スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山記念の血統分析


先週のダイヤモンドステークスはトニービンの血を持っている馬が強いと予想で書きましたが、本命のアドマイヤフライトは惨敗で、大外枠で評価を少し下げたハーツクライ産駒のフェイムゲームが勝ちました。トニービンの血は今年も有効だったのですが・・・。


そして今週取り上げる中山記念もトニービンの血を持っている馬の活躍が目立ちます。ミラクルアドマイヤ産駒のカンパニーが連覇したり、昨年はハーツクライ産駒のジャスタウェイが勝利しました。


人気になりそうなイスラボニータは母父が東京コースに強いコジーンで、トニービンと同じグレイソヴリンの系統です。フジキセキ産駒としては初めてのクラシックホースとなった馬です。


しかしジャパンカップは淀みのないペースで厳しいレースになり敗れました。やはりフジキセキ×コジーンの配合からすると古馬GⅠの2400メートルは長かった印象です。右回りは皐月賞を勝ったのみですが、前走より距離短縮ですし能力を発揮できそうな舞台です。


ロゴタイプは昨年の3着馬です。このレースは以前はリピーターが良く来るレースでした。父のローエングリンも二度中山記念を勝っています。中山金杯でコース相性の良さを出していました。その金杯を勝ったラブリーデイは京都記念も勝利。コース実績からも当然有力候補でしょう。


ヌーヴォレコルトは連覇を狙うハーツクライ産駒。母は短距離で走った馬ですから加齢と共に短い距離にシフトする可能性があります。初の中山コースへの適性と牡馬とのレースはやってみなければわからないところがあると思います。ただハーツクライ産駒ですから注意が必要でしょう。


ステファノスは祖母がダート重賞を勝ったゴールドティアラになります。さらに母父がクロフネですから母系は馬力がありそうな配合です。皐月賞で5着したように能力は高そうな馬です。


マイネルフロストはディープインパクトの兄のブラックタイド産駒です。4着だったAJC杯では最速タイの上がりを使い、母父グラスワンダーですから中山コースへの適性は悪くないと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。