スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の牡馬クラシックに関して

今日は今年の3歳牡馬戦線について書きたいと思います。有力候補の血統などのコメントを簡単に書きたいと思います。


・ダノンプラチナ

2歳牡馬のトップレーティング。ディープインパクトにアンブライドルドの系統の配合で、同馬主のダノンバラードと近い配合です。3連勝がすべて広いコースでの競馬で小回り適性はどうか。ディープ産駒不振の皐月賞は少し割引かも。


・シャイニングレイ

叔父に08年のクラシックに出走したブラックシェルがいる血統。ディープ産駒不振の皐月賞と同コースのホープフルステークスを勝った。今季初戦は弥生賞のようで、その競馬次第では皐月賞の主役候補も


・サトノクラウン

兄は欧州で重賞を勝っているようです。父Marjuはマルセリーナの母父でもある。父の産駒は日本ではサンプル数は少ないのですが、この時期ならある程度距離はこなせそうです。この馬も今季初戦の競馬が試金石。


・ベルーフ

ハービンジャーの初年度産駒。叔父にステイゴールドがいる良血。唯一の敗戦はルージュバックに負けた百日草特別で能力は高そう。ステイゴールドに似て気性のキツイ面が良いほうに出ればいいのですが。


・グァンチャーレ

スクリーンヒーロー産駒初の重賞勝ち馬で、母系は比較的に地味。東スポ杯では脚を余したものの、シンザン記念には相手にも恵まれて勝利。この馬も弥生賞でどういう競馬をするか。


・リアルスティール

ディープ×ストームキャットのニックス配合で、兄にラングレー、近親にヨークシャーオークスを勝ったタペストリーがいます。共同通信杯は最内枠も生かしての勝利。ドゥラメンテを負かしたので評価は高めでも良いと思います。


今年のクラシックは牡馬牝馬揃って粒ぞろいだと思います。現時点では抜けている馬がなく、特に牡馬はトライアルの競馬を観ないとある程度の序列は出来ないと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。