スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都記念の血統分析


今週は京都記念について書いていきたいと思います。京都記念は今年は2頭の馬に人気が集中しようですが、このレースは母系が欧州血統の馬が良く来ています。昨年勝ったデスペラードは母父トニービンで、ブエナビスタは母父カーリアンです。


ハープスターは母父が欧州で活躍し、ジャパンカップを勝ったファルブラヴです。ディープインパクト産駒は一昨年のレースでワンツーでした。キズナを除いたメンバーには負けられないレース。ジャパンカップではスムーズにいかなくて負けました。今回は首位候補でしょう。


キズナもディープインパクト産駒で、こちらは母父ストームキャットのニックス配合です。その母父ストームキャットの馬は、ショウナンマイティの3着が過去にあります。血統よりも状態面がカギでしょう。


ラブリーデイは牝系にはインティライミやワンモアチャッターなどの平坦コースで実績のある馬が多いです。なので京都コースは問題ないでしょう。母系にはトニービンが入っていますし、中山金杯は好タイムのレースで勢いに乗っているかもしれません。


ラブイズブーシェの中山金杯は有馬記念除外の影響が出たと思います。父マンハッタンカフェの産駒はルージュバックのように京都で走ります。ハギノハイブリッドは祖母が重賞2勝のサイレントハピネスで、京都新聞杯勝ちがあるように注意したい馬でしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。