スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根岸ステークスの血統分析


今回は根岸ステークスについて話したいと思います。まずはダート重賞の割には父サンデー系の馬が4年連続で勝っていることです。2年連続で父サンデー系が上位独占なので注目の系統はサンデー系でしょう。


ロゴタイプですが、母系にセクレタリアトに血が入っていて、叔父にダート重賞を2勝しているアンドゥオールがいます。ただローエングリン産駒はこれまででダートでは1勝しかしてないみたいなので中心にはできないでしょう。


ワイドバッハはこの条件でオープンを勝っています。配合的にも1400メートルから1600メートルは良く、前走のチャンピオンズカップよりも今回は適しているかもしれません。


エアハリファは父がストームキャットの系統でプライベートアカウントのクロスが発生しています。東京コースでも実績があり、1400メートル戦にも対応できると思います。


キョウワダッフィーは東京ダート1400メートルではまずまずの成績を残しているキングカメハメハ産駒です。関東圏での競馬で勝ちはありませんが上位候補でも良いと思います。


父サンデー系では昨年勝っているゴールスキーは年齢が気になりますが適性は問題なし。昨年1番人気で負けたブライトラインは状態さえ良ければ巻き返すかもしれません。


最後にシルクロードステークスについて少し書くのですが、このレースはダート血統が強いレースだと思います。またミスプロの血も良いと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。