スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山金杯と京都金杯のポイント

中山金杯は前年の有馬記念とリンクする年もあると言われています。13年の有馬記念の勝ち馬はステイゴールド産駒のオルフェーヴルで、14年の金杯の勝ち馬は同じくステイゴールド産駒のオーシャンブルーでした。


有馬記念の結果からはディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒などが注目でしょう。配合面では馬力のありそうな血統が来ている印象があります。


登録馬が多いですが、フェイムゲームは京成杯を勝っていますし、半兄のバランスオブゲームが中山での重賞を勝っているように中山適性は高そうです。ハンデは58キロのようなのでそのあたりがどうか。


ラブイズブーシェはスタミナがありそうな血統で普通に強いと思います。ロゴタイプは中山巧者で有馬2着のトゥザワールドと同じ母父サンデーです。この馬もハンデは58キロですからそこがどうかでしょう。


ラブリーデイは有馬2着のトゥザワールドと同じキンカメ×サンデー系です。クランモンタナはディープインパクト産駒で、半兄は皐月賞馬のキャプテントゥーレです。中山2000メートルは合うかもしれません。




京都金杯ですが、かつては父が非サンデー系でダート血統の馬が強い印象がありましたが、ここ2年でディープインパクト産駒が勝利しています。父サンデー系も上位を独占するようになりました。


注目してみたいのは昨年の勝ち馬のエキストラエンドで、適性は問題なく、なかなかアテにしにくい時もありましたが、マイルCSで5着と好走したので今回のメンバーなら上位候補に挙げることができるでしょう。


フルーキーは父がダンチヒ系ですから京都のマイルの適性はありそうです。グランデッツアは特にケチを付けるところが無く普通に強いでしょう。


シェルビーは牝系にアズマサンダースやマジックキスがいる血統で、これも上位候補でしょう。ウインフルブルームも皐月賞3着馬ですから力はあります。配合的にもマイルは走れると思います。



来年も中間にレースの傾向と有力馬の解説をして、週末の重賞もできるだけ予想していきたいと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。