スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念出走予定馬の血統分析 後半

・ラキシス

ディープインパクト×ストームキャットのいわゆるニックス配合。サトノアラジンの姉。男馬相手ではオールカマーでの2着があるが、一流の牡馬相手ではどうか。


・トゥザワールド

トゥザヴィクトリーの仔で、兄のトゥザグローリーはこのレースで2年連続3着の実績がある。ジャパンカップをスキップしたローテーションもいいが後は能力次第。


・ヴィルシーナ

叔父のフレールジャックが中山の重賞勝ち。中山自体は問題ないと思うが、宝塚記念のような競馬をするには展開に恵まれないと。


・トーセンラー

全弟のスピルバーグが天皇賞秋を勝った。母系はスタミナがあり距離自体は問題ないと思うが、中山コース、メンバー強化でどこまでやるか。


・ラストインパクト

叔父のナリタブライアンは94年の勝ち馬。ビワハヤヒデは93年の2着馬。ただし母父がティンバーカントリーは微妙か。ディープ産駒自体も中山芝2500メートルは他のコース適性と比べると劣る。


・オーシャンブルー

一昨年の2着馬で、グランプリレースに強いステイゴールド産駒。今年も中山金杯を勝ったので中山適性はあるが、過去3走で惨敗しているのをどう見るか。


・サトノノブレス

ベガなどを出した一族の出身でスタミナを内包している優秀な母系だが、ディープ産駒は現時点では強調できない。しかしGⅠではそれほど差のない競馬をしている。


・デニムアンドルビー

叔母にトゥザヴィクトリーがいるのでトゥザワールドとは近親の関係になる。小回り適性は微妙で、前走のようにペースが流れると厳しい。この馬が追走できるゆったりとしたペースが好ましい。


とりあえず出走順に書いてみましたが、除外対象のフェイムゲームも面白い血統をしています。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。