スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日杯FSの有力馬の血統分析


朝日杯は今年から阪神へと移行されました。なので過去の傾向は使えないのですが、阪神芝1600メートルは先週のショウナンアデラが勝ったようにディープインパクト産駒が強いです。この傾向は他のマイル戦でも使えると思います。


札幌2歳ステークスを勝ったブライトエンブレムは08年の秋華賞馬のブラックエンブレムが母です。母系はミスプロのクロスが入っており、仕上がりは早そうな血統です。ネオユニヴァースでも牡馬ならそこまで割り引く必要はないと思います。


いちょうステークスを勝ったクラリティスカイは祖母が重賞勝ち馬のタイキダイヤで、半兄にクラリティシチーがいる血統です。この馬も全体的に仕上がりは早そうで、クロフネ産駒はこの距離ならGⅠでも何とかやれそうです。


デイリー杯を勝ったタガノエスプレッソは近親にヘッドライナーがいる血統で、父ブラックタイドはディープインパクトの全兄ですが、サンプル数も少なく阪神マイルには実績がありません。今回はアッシュゴールドとナヴィオンとの力関係はどうか。


アッシュゴールドはオルフェーヴルの全弟で、全兄のドリームジャーニーは06年にこのレースを勝っています。これからの成長力に期待ですが、良血から展開がハマればチャンスはありそうです。


ナヴィオンは母が阪神JFに出走した馬ですからこの馬自身も仕上がりは早そうです。距離自体は問題なく、デイリー杯では折り合いに苦労したように見えたのでスムーズにレースを運べるかでしょう。


ダノンプラチナはショウナンアデラと同じディープインパクト×ミスプロ系と似たような配合です。母系は馬力があり、ディープ産駒とコースとの相性を生かせばチャンスはありそうです。


京王杯2歳ステークスを勝ったセカンドテーブルはトワイニング×サンデーの配合で、かつて東スポ杯を勝ったフサイチアソートと同じ配合です。ただ前回は展開を味方した感じがするので、阪神マイルでもそういう競馬にならないと厳しいと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。