スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大舞台に強いリボーの血


それほど数は多くないですが、リボーの血を持っている馬はたまに見かけること

があります。日本だとタップダンスシチーは父系がリボー系ですし、キンシャサ

ノキセキやナカヤマフェスタの母系はリボーです。


リボーは1950年代に活躍した馬で、イタリアの馬産家のフェデリオ・テシコの

生産馬として凱旋門賞を連覇するなど16戦全勝で競走成績を終えました。


種牡馬入りして後継種牡馬などを出してきたのですが、リボーの特徴は激しい気性

を持っているのですが、爆発力も兼ね備えていて、大舞台に強いと言われています。


それと道悪にめっぽう強いということで、タップダンスシチーは重馬場のジャパンカ

ップを大楽勝しましたし、ナカヤマフェスタは道悪の凱旋門賞で2着になったりと、

リボーの血を持っている馬は道悪で狙いたいところです。


昨日の天皇賞で2着になったフェノーメノはリボーのクロスを持っていた馬です。こ

のリボーのクロスも有効的でしょうから、大舞台では狙っていきたいですね。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。