スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王杯の血統傾向と有力馬の分析

今週はエリザベス女王杯について書きたいと思いたいのですが、過去の傾向から観ると、最近はキングマンボの血を持っている馬が馬券になっているような気がします。


アパパネは2年連続3着ですが、ピクシープリンセス、アロマティコは人気より走っていて、メイショウマンボの父のスズカマンボはキングマンボ内包です。


またロベルトの血を持つ馬も4年連続で馬券になっています。スノーフェアリーは父がロベルト系で、レインボーダリアはブライアンズタイム産駒、メイショウマンボも母父はロベルト系です。


その他では、母父ノーザンダンサー系の馬は過去5年で必ず馬券になっていて、母父ノーザンテーストのレインボーダリアが勝ったり、昨年のラキシスも母父はストームキャットです。


血統以外ではリピーターの好走が目立つレースで、アドマイヤグルーヴ、スノーフェアリーが連覇して、スイープトウショウ、フサイチパンドラ、オースミハルカが2年連続で好走しています。


そうなると昨年の上位3頭は今年もチャンスがあるそうです。メイショウマンボは休み明けは走らない馬のようです。父スズカマンボはダンシングキイの一族で、ダンスインザダーク、ダンスパートナーは京都でGⅠを勝っています。京都コースで実績があるのも大きいと思います。


ラキシスはディープ×ストームキャットで弟にサトノアラジンがいます。距離も2000メートル以上で結果を出していて、オールカマーでも2着ですから今年も勝負になりそうです。アロマティコはトレンドになりそうなキングマンボ系のキングカメハメハの産駒で、叔父にインティライミなどがいるので京都コースは合う馬だと思います。


府中牝馬ステークス組で勝ったディアデラマドレは重賞を3勝したディアデラノビアの仔で、母はこのレースで3着、4着の実績があります。母同様に広いコースが合っていると思うので、今回の舞台設定も良いと思います。


スマートレイアーは関西圏での競馬では連対を外していません。母父ホワイトマズルのような欧州血統も少し前で良く来ていた血統だったと思います。この馬も広いコースは良いと思います。


リピーターが走るレースですが、3歳馬も毎年馬券になっているようなレースですから3歳馬もチャンスがありそうです。ヌーヴォレコルトはコース取りの差で秋華賞は敗れたと思います。同世代同士で東京得意のヌレイエフ系もあってオークスは勝ったと思いますが、今回も注意は必要でしょう。


ショウナンパンドラは叔父にステイゴールドがいます。秋華賞はコース取りの差で勝ったとも思いますが、外回りでも大きく割り引く必要はないと思います。母父はフレンチデピュティですが、メイショウベルーガが馬券になっています。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: とてもためになります。

14日にコメント下さった方、コメントありがとうございます。こちらもリンクを貼りたいので、申し訳ありませんがURLを教えてくれれば貼りたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ご連絡ありがとうございます。リンク追加しました。
非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。