スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞秋の血統傾向と有力馬へのコメント

今回は天皇賞秋について書きたいと思います。このレースは顕著な傾向があって、母系にノーザンテーストが入っている馬が良く馬券になっていました。


ダイワメジャー、ダイワスカーレット兄弟は母父ノーザンテーストで、09年勝ち馬のカンパニーも母父ノーザンテーストで、その近親のトーセンジョーダンも母父ノーザンテーストです。


昨年はトウケイヘイローなどが該当しましたが馬券対象にはならず。ただこの傾向はしばらくは意識したほうが良いです。


今年の登録馬ではアスカクリチャン、トーセンジョーダン、ヒットザターゲット、マイネルラクリマが該当すると思うのですが、アスカクリチャン、トーセンジョーダンは近走不振で厳しいと思います。ヒットザターゲットは昨年7着ですから過度な期待は出来ないです。


マイネルラクリマは新潟開催のオールカマーを勝つなど左回りの適性は問題ないと思います。ただラクリマの場合は遡って4代目にノーザンテーストがいるのは微妙です。この馬も実力的にも過度な期待は出来ないでしょう。


他ではカンパニーやトーセンジョーダンは父トニービン系で、昨年勝ったジャスタウェイはトニービンの血を持つハーツクライ産駒です。トニービンの血を持つ馬も相性の良いレースです。


今回はトーセンジョーダン、サトノノブレス、フラガラッハが該当すると思うのですが、この中ではサトノノブレスは力を出せば上位に食い込む可能性はあると思います。オールカマーはイレ込みが原因で負けたようです。菊花賞2着でベガを出した牝系ですから大舞台でも問題ないです。


それでも人気になりそうな馬たちは強力だと思います。天皇賞春を勝ったフェノーメノは叔父にジャパンカップで2着したインディジェナスがいる血統で、配合的にも距離は2000メートルから2400メートルが合っていると思います。一昨年の2着馬で適性は問題ないです。


ジェンティルドンナもジャパンカップを連覇したように東京コースは潜在能力を発揮できるコースです。この馬は昨年2着で速いペースを先行した競馬でした。宝塚記念は小回りと馬場の影響で敗れました。今回は見直したいです。


3歳馬のイスラボニータはフジキセキ×コジーンの配合ですから菊花賞よりも秋天のほうが適性はあるでしょう。母父コジーンはアドマイヤコジーンやローブデコルテなどの産駒が東京コースで実績を残しました。この馬も東京コースで最高のパフォーマンスを発揮しそうです。


エピファネイアは国内で古馬混合のGⅠを走るのは初めてで、能力的にもまだ底を見せてないと思います。父はこのレースを連覇したシンボリクリスエスで、ペースはある程度流れたほうが良いと思います。母シーザリオの血も怖いです。


スピルバーグ、マーティンボロ、デニムアンドルビーも上位に食い込む力はあると思います。今年はかなり層の厚いメンバーですから菊花賞のように枠順などもレースに影響するでしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。