スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞の血統傾向と有力馬の解説


菊花賞はダンスインザダーク産駒が強いレースですが、今回はダンス産駒は登録してないようです。過去5年の傾向だと、京都長距離GⅠに強いトニービンの血を持つ馬が良く馬券になっています。今回はハーツクライ産駒のワンアンドオンリーと母父トニービンのハギノハイブリッドのみです。


また父か母父がロベルト系の馬も近年は馬券になっています。それから自身、または産駒が菊花賞や天皇賞春を勝っている種牡馬の血が入っている馬も有力でしょう。


ワンアンドオンリーはハーツクライ産駒でトニービンの血を持つ馬ですが、母系がタイキシャトルなのでスピード色が強いです。ただ今回は他に菊花賞の適性がある馬がほとんどいないメンバーになりそうです。能力は一番でしょうから底力に期待でしょう。


神戸新聞杯組ではサウンズオブアースは母父がデルタブルースと同じです。しかしネオユニヴァース産駒なのは正直微妙です。トーホウジャッカルは逆にスペシャルウイーク産駒なのは悪くないと思いますが、母系がスピードが強い傾向にあると思います。


神戸新聞杯着外からはタニノハイブリッド。父はロベルト系でもタニノギムレットなのはそこまで良くはないですが、母父は京都長距離GⅠに相性の良いトニービンです。祖母もサイレントハピネスの良血馬ですから侮れないと思います。


セントライト記念組からはトゥザワールドですが、この一族はクラシックを勝った馬がいなく、血統的にも菊花賞はあまり向かないような感じです。タガノグランパもキングカメハメハ産駒で、ミスプロ系はあまり相性の良くないレースです。


その他の路線でもこれと言った馬はいなく、500万条件を勝ったアグリッパーバイオは母父ダンスインザダークですが、除外の可能性もありそうです。札幌の1000万を勝ったゴールドアクターも決して傾向に合う血統ではありません。


血統から押せる馬がほとんどいなく、波乱の決着も含まれていると思いますが、タニノギムレット産駒でも母父トニービンが魅力のハギノハイブリッドは人気がそれほどなければ怖い馬にもなりそうです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。