スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸新聞杯の傾向と有力馬の分析

今回は神戸新聞杯について書いていきたいと思います。血統の傾向ですが、サンデーの血を持っている馬が強いレースです。またノーザンダンサー系の馬があまり馬券になっていません。ミスプロ系もここ3年は馬券対象外。ハーツクライ産駒や母父トニービンは注意が必要かもしれません。


かつてはマイルの実績が必要なレースだったのですが、ここ最近は春の実績馬が強く、ここ4年の勝ち馬は春のクラシックで連対があった馬です。


ワンアンドオンリーが人気になりそうですが、母系はスピードに寄った系統でもダービーを勝ちました。ダービー勝ちの実績もありますし、神戸新聞杯程度では勝ち負けになりそうです。3000メートルで本命をうつような馬ではないと思います。


サトノアラジンはエリザベス女王杯の2着馬のラキシスが姉にいます。この馬も母系はスピードに寄った馬だと思いますが距離は2400くらいまででしょう。春のクラシック不出走馬が馬券になるケースもあるレースです。


ウインフルブルームは近親に天皇賞春2着したサンライズジェガーがいます。在来牝系ですから野芝も合うと思います。距離はこのくらいまでか。トーセンスターダムは叔父にトーセンジョーダンがいます。京都しか実績がありませんが、今回走ってもおかしくはないと思います。


ハギノハイブリッドは祖母が重賞勝ち馬のサイレントハピネスです。2400メートルの距離は合っていると思います。ヴォルシェーブはリルダヴァルの弟です。前走で2400メートルの特別を勝ったので今回も距離はなんとかこなせそうです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。