スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セントウルステークスの傾向と有力馬の血統分析


京成杯AHが今年は新潟開催なので、今回はセントウルステークス中心でいきたいと思います。


セントウルステークスは過去5年で父サンデー系が2頭勝っていますが、馬券になっている馬は全部で3頭なので、全体的に父サンデー系が相性の良いレースではありません。


父か母父がミスプロ系の馬がロードカナロアの影響があると思うのですが、最近はよく馬券になっています。またノーザンダンサー系も悪くなく、ダート色が強い馬もこのレースと相性が良いと思います。


ハクサンムーンは昨年の勝ち馬ですから、去年だけ走れば勝ち負けでしょう。状態次第で、父ミスプロ系もこのレースと相性がよいです。エピセアロームは一昨年の勝ち馬ですからこれも適性は問題ないです。


マヤノリュウジンはロードカナロアとは配合が逆のノーザンダンサー系×ミスプロ系です。血統は問題なく、あとは位置取り次第。トーホウアマポーラは父がアルティマトゥーレで勝っているフジキセキ産駒です。母父はミスプロ系ですから血統面はあまり問題ないと思います。


リトルゲルダは父は日本ではマイナーな血統ですが、全体的にはダート血統だと思います。サマースプリントチャンピオンの兼ね合いもあるのでチャンスはありそうです。エーシントップは早熟色が強く、高松宮記念は道悪の影響で好走したと思います。


京成杯AHは過去の傾向は使えないですが、関屋記念や新潟2歳ステークスが結構参考になると思い、新潟マイルに強そうな血統が良いでしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。