スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌記念の傾向と有力馬解説


今回は注目の札幌記念中心で書いていきたいと思います。札幌記念は昨年の函館開催を除くと母父ノーザンダンサー系が良く馬券になっています。11年は母父ノーザンテーストのトーセンジョーダンなど上位がすべて母父ノーザンダンサー系でした。


ダンチヒ系や欧州型のノーザンダンサー系以外ではトニービンの系統も何頭か馬券になっています。ジャンポケ産駒のトーセンジョーダンや母父トニービンのアーネストリーがこのレースを勝っています。


まずはゴールドシップですが、洋芝は2歳戦で走っており3戦2勝です。血統面からでは洋芝適性は感じられませんが、適性は悪くないと思います。小回りも問題ので当日の精神面次第。凱旋門賞へ向けての仕上がりをしてくると思います。


ハープスターは母父は洋芝に強いファルブラヴです。洋芝自体は問題ないと思います。小回りは厳しい脚質ですが、マクル競馬をすれば凱旋門賞へ向けての競馬にはならないと思います。あくまでもステップレースということを理解する必要がありそうです。


トウケイヘイローは昨年の勝ち馬で、洋芝、コーナー4つのコースに実績があります。母系からもこのレースへの適性はありそうで、状態面次第でしょう。ロゴタイプは極悪馬場だった昨年は参考にならないでしょう。父はサドラーズウェルズ系のシングスピールですから洋芝は問題ないと思います。


ラブイズブーシェは函館記念の勝ち馬で洋芝は問題なし。マンハッタンカフェ産駒はフミノイマージンが勝っています。エアソミュールは洋芝で勝ち鞍があり、父ジャングルポケットもこのレースには良いでしょう。


母父ノーザンダンサー系ではムーンリットレイクが洋芝での実績があります。スーパームーンも洋芝での実績があり穴馬候補かもしれません。


もうひとつの重賞の北九州記念はこれまで父サンデー系が苦戦するレースでした。しかし昨年は1着3着でした。これといった傾向は無くなったレースです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。