スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小倉記念の血統傾向と有力馬の血統分析


夏の小倉開催もここ近年は6週間開催となっています。小倉記念は開幕してすぐに行われているのでここ5年ほどのデータを参考にしたいと思います。


過去5年はすべて父サンデー系が勝っています。また母父は欧州血統が良いと思います。トニービンやリファールが馬券になっており、昨年のメイショウナルトは母父カーネギーでした。母父サンデー系は過去5年で勝ちはありませんが、昨年は2着3着でした。


ラストインパクトは祖母がパシフィカスなのでビワハヤヒデやナリタブライアンの近親です。小倉大賞典の勝ち馬ですが母父がティンバーカントリーなのは正直微妙です。母父ミスプロ系は過去5年で2頭しか馬券になっていません。


メイショウナルトは去年の勝ち馬なのでコース適性は問題ないでしょう。ハーツクライの産駒は野芝は得意ですし、母系は在来牝系なのも影響があるのでしょう。あとは精神面に問題が無ければ今年も走るでしょう。


サトノノブレスはベガやハープスターと同じ牝系です。母父トニービンですしこのレースへの適性はあるかもしれません。同じディープ産駒のダコールは母父がミスプロ系です。小倉では実績はありますが重賞では勝ちきれないのがどうか。


マーティンボロもディープ産駒で小倉にも実績があります。フレールジャックの弟でヴィルシーナも近親にいます。休み明けで状態しだいでしょう。現時点ではメイショウナルトとサトノノブレスが有力候補と見ています。


最後にレパードステークスですが、父が非サンデー系の馬も勝っているレースです。ディープ産駒が唯一ダート重賞を勝っているレースでもあり、ダートで強いシニスターミニスター産駒も勝っています。傾向は掴みづらいです。


アジアエクスプレス、レッドアルヴィスの重賞勝ち馬に、1000万で好走した馬が当然注目で、新設されて5年は11年に12番人気で3着したタナトス以外は比較的人気馬が好走しています。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。