スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞の回顧


断然人気のゴールドシップが菊花賞を制しましたが、スタートした後は行き脚

がつかないように見え、結局一時は最後方まで下がっての競馬でした。


3コーナーの手前からペースが上げる前に自力で動きました。直線の入り口で

先頭に並びかける競馬で押し切りました。


皐月賞も極端な競馬でしたが、今回も結構強引な競馬のようでしたが、このメンバー

では力が違っていたということでしょう。持続力を生かせるような競馬がこの馬の

パフォーマンスを引き出せるでしょう。


この馬が苦戦する展開なのは瞬発力勝負の競馬になることでしょう。ダービーみたい

な競馬だと厳しいですが。自力で動けるような競馬が出来ればこの後との古馬との

対戦でもいい競馬が出来そうです。


スカイディグニティも最近芝では苦しいブライアンズタイム産駒でしたが、久々に

ブライアンズタイム産駒のG1での馬券対象馬になりました。ロベルト系も来年以降

の菊花賞で注意が必要でしょう。


ユウキソルジャーは勝負所でもう少し前につけていればという競馬でしたが、京都

コースの相性も生かせて3着に入線しました。


見直したいと思うのは8着のマウントシャスタ。母系がスピード血統であるので18

00メートルか2000メートルならば巻き返し、ボレアスの弟なのでダートでもや

れるのではないでしょうか。


毎日王冠のワンツーや富士Sのクラレントの勝利で今年の3歳馬のレベルが高いと周り

も言い始めているのですが、やはり3歳馬にはこの後も注目して見なければいけない

と思います。
 
関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック

菊花賞 2012 回顧 【終わってみればベタな血が2・3着に】

トラコミュ 第73回 菊花賞(GI) 菊花賞(2012) 第15回 富士ステークス(GIII) 富士S(2012) 今週は血統派として一年で最も気合いの入るレース菊花賞でした さらに今週は通常では考えら

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。