スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館記念の傾向と有力馬の分析


函館記念は09年に札幌で行われた移行の開催について書いていきたいと思います。血統の傾向としてはノーザンダンサー系の馬が強いです。特に母父ノーザンダンサー系は毎年馬券になっています。それとマヤノトップガンなどのロベルト系も良く来ています。


基本的にスタミナ、馬力がありそうな血統が良いと思います。サンデー系はそれほど相性の良いレースではありません。



グランデッツアが人気になりそうですが、自身が札幌2歳ステークスを勝つなど洋芝での実績があります。母父はノーザンダンサー系ですから勝つ可能性は十分にありそうです。距離も2000メートルまでなら大丈夫そうです。


アンコイルドは昨年の2着馬ですから洋芝への適性があり、この馬は父と母父がノーザンダンサー系です。状態さえ良ければチャンスはありそうです。アドマイヤタイシは札幌で2着が3度あります。父がノーザンダンサー系のシングスピールですから洋芝は問題なさそうです。


ラブイズブーシェは母系にリファール系のモガミが入っており、函館で準オープン勝ちがあるのでこの馬も洋芝適性はあありそうです。ダークシャドウは母母父が洋芝得意のダンチヒですが、洋芝では勝ち鞍がありません。


さすがに陣営も洋芝に照準を定めているのか適性のありそうな馬が多いです。昨年3着のアスカクリチャンやステラウインドあたりも母父はノーザンダンサー系ですからかなり難解なレースも予想されます。


函館2歳ステークスのことも少し書くと、ミスプロ系が強く、父サンデー系は過去4年で1頭しか馬券になっていません。


トウショウピストはシーイズトウショウの仔で、父が2歳戦に強いヨハネスブルグですから有力だと思います。新馬戦のタイムが良かったマイネルエスパスもミスプロ系のマイネルラヴ産駒ですから有力でしょう。函館芝で勝っている馬が多いですから適性がある馬は多いと思います。


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。