スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕賞とプロキオンステークスの傾向と有力馬の分析


・七夕賞 

11年は中山開催、昨年からは2週目に行われるようになりました。参考程度ですが、中山開催を除く過去5年では父は非サンデー系の馬が勝っています。母父サンデー系も昨年ようやく馬券に絡みました。


4週目に行われていた時にはノーザンダンサー系やミスプロ系の馬が来ていました。最終週だったので馬力がありそうな馬が来ていたのかもしれません。ダート要素もある馬も来ていました。



マイネルラクリマは昨年勝っていて適性は問題なく、父がダンチヒ系なのが福島には合っていると思います。ハンデの影響がどうでるかでしょう。ラブリーデイは父がミスプロ系のキングカメハメハなのは良いと思います。普通に有力候補でしょう。


スカーレット一族のダイワファルコンは福島記念を勝っているので適性は問題なし。トニービンの系統も少し前の七夕賞では来ていた印象があります。ダコールは母父がミスプロ系ですが昨年は5着。血統的には別に悪くはないと思います。


ステラウインドはゼンノロブロイ産駒が昨年2着しています。距離も東京以外ならあまり長くない方がよいかもしれません。メイショウナルトは昨年のこの時期に活躍しました。血統以前に気性が問題でしょう。


・プロキオンステークス


中京開催になってからサンプルが2つしかありませんが、一昨年はミスプロ系×サンデー系の馬が上位独占でした。昨年勝ったアドマイヤロイヤルはその配合です。


ベストウォーリアはエーピーインディ系×ミスプロ系のアメリカ配合です。厳しい流れにも対応できると思いますし、左回りでも実績があります。ノーザンリバーはサンデー系×ミスプロ系で、兄にダート重賞を勝ったランフォルセがいます。これも当然有力でしょう。


キョウワダッフィーはキングカメハメハ産駒で、その産駒のアドマイヤロイヤルが連続して連対しています。ダートでは常に馬券になっているのでここでも勝ち負けするかもしれません。アドマイヤロイヤルは昨年勝っているので適性は問題なし。


サウンドリアーナは仕上がりの早い血統だと思います。ここ2走は負けてますし、これ以上の成長はどうか。ゴールスキーは根岸ステークス勝ちがあり、中京ダート1400メートルでも走る可能性はあります。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。