スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安田記念の傾向と有力馬の血統でも

ダービーも終わって今週は安田記念です。このレースは改修後直後ではノーザンダンサー系×レイズアネイティヴ系が良く来ていたレースです。アサクサデンエンやブリッシュラックが勝ちました。

ここ近年はあまり活躍馬が出てなかったのですが、昨年はキンカメ×ストームキャットのロードカナロアが勝ちました。しかし、今年の出走予定馬のほとんどが父サンデー系です。

またロベルト系も強いレースなのですが、この系統もいません。ミスプロ系は比較的相性の良いレースだと思いますが、これまでの傾向は使いづらいレースだと思います。


ジャスタウェイが人気になると思いますが、オークス、ダービーを連勝しているハーツクライ産駒で、母系はアメリカのダート血統です。ダートの血は良いと思いますが、母系は日本ではマイナーな血統です。


またハーツクライ産駒はマイル重賞ではコレクターアイテムのアルテミスステークスとジャスタウェイのアーリントンカップを勝っていますが、古馬のマイル重賞はまだ勝ち鞍がありません。死角を探せばあるのですが、コース形態も問題なさそうで、普通に勝つ可能性も十分にあります。


父サンデー系は勝ちきるレースとは言えないですが、11年はディープ産駒のリアルインパクトが勝っています。ディープ産駒では昨年3着のダノンシャークは適性は問題なし。ワールドエースは母系はドイツ血統ですが、前走の反動がなければ好勝負しそうです。


トーセンラーはこのレースと比較的相性の良い母父ミスプロ系ですが、京王杯SCスキップしたのが気になります。フィエロとミッキーアイルは共に母父がダンチヒ系、特に問題はないと思います。エキストラエンドはこのレースで3着したことのあるローエングリーンの弟です。


グランデッツアは桜花賞馬のマルセリーナの弟です。マイル戦は問題ないと思うのでレコードの反動が無ければチャンスはありそうです。クラレントは04年の勝ち馬のツルマルボーイと同じダンスインザダーク産駒で、東京コースの実績もあるので今回はチャンスでしょう。


ショウナンマイティは昨年2着しているのであとは状態次第。グロリアスデイズはミスプロ×マイバブー系です。過去2年の安田記念で惨敗しているのでやはり東京の馬場には対応出来ていないのでしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。