スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ダービー2014の予想


◎ トーセンスターダム

〇 トゥザワールド

▲ ワールドインパクト

△ イスラボニータ

△ レッドリヴェール

△ ベルキャニオン

△ ワンアンドオンリー

△ サウンズオブアース

△ ハギノハイブリッド


今年の日本ダービーの本命はトーセンスターダムにしました。このレースはディープインパクト産駒が連勝中で、東京芝2400メートルのG1では相性の良い種牡馬です。叔父にトーセンジョーダンやトーセンホマレボシがいる血統です。


叔父はレコードで重賞を勝った馬ですから、今の東京の時計が出る馬場には対応できると思います。前走は初めての京都以外での競馬場でのレースが影響したと思います。状態面はあまり分かりませんが、ダービーを目標にしたローテーションだと思うので期待したいと思います。


対抗のトゥザワールドはトゥザヴィクトリーの産駒です。この牝系は秋以降に本格化する馬が多いのは不安ですが、キングカメハメハはキングマンボの系統で、キングマンボの血を持っている馬も東京芝G1では強いのでそこは良いと思います。ローズキングダムと同じ配合ですね。


ワールドインパクトはディープインパクト産駒で母父は東京コースと相性の良いヌレイエフの系統です。ショウナンラグーンには先着を許しましたが、ダービーではこちらの方が血統は向いていると思うのですが、青葉賞は勝ち馬しか基本的に馬券になりません。


イスラボニータは東京コースで相性の良いのは母父コジーンの影響が強いと思います。アドマイヤコジーンやローブデコルテを出した種牡馬です。母系にはクラフティプロスペクターが入っているのでやはり中距離向きの配合ではないかと思います。


レッドリヴェールは普通の年だったら桜花賞を勝っていたでしょう。距離はステイゴールド×ディキシーランドバンドですから問題ないと思います。後は牡馬相手でどうかでしょう。


ベルキャニオンはローテーションは厳しいと思います。しかし中山は向いていない馬かもしれませんし、ディープ産駒だから押さえます。ワンアンドオンリーは母父タイキシャトルのことが言われていますが、母系はダンチヒやミスプロが入っているのでダービー向きの血統ではないでしょう。


サウンズオブアースは最内枠に入りました。血統的にも距離は心配ないと思いますし、未勝利勝ち以降は安定した成績を残しています。ハギノハイブリッドはタニノギムレット×トニービンはダービー向きの血統だと思いますが、ローテーションはさすがに厳しいでしょう。


当初高い評価をしていたウインフルブルームが出走取り消しになったのは残念でした。ショウナンラグーンは定年となる大久保調教師の管理馬ですが、シンボリクリスエス産駒はエピファネイア以外は牡馬クラシック不振なので今回は見送りました。


今回はまずトーセンスターダムの単勝をちょっとだけ買います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。