スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞出走馬の血統分析


ディープブリランテが脚部不安ということで回避するという情報が流れま

した。これでゴールドシップに人気が集中すると思いますが、結果はどう

なるか。


そのゴールドシップは言わずと知れたステイゴールド×メジロマックイーン

の配合です。オルフェーヴル兄弟と違うのは母系にノーザンテーストの血が

入っていないこと。


それによって 瞬発力や成長力に欠けるところがあります。プルラリズムは

地味ですが黄金配合には変わりなく、去年のオルフェーヴルが勝っているだけ

に菊花賞の適性は十分あるといっていいでしょう。


神戸新聞杯でゴールドシップの2着に入ったロードアクレイムは母がオークス

馬レディパステルの良血で、このレースに強いトニービンの血が入っていて

さらにブラッシンググルームが入っているという魅力的な血統。


神戸新聞杯3着のマウントシャスタはレパードSを勝ったボレアスの全弟。祖母が

マイルで活躍したクロカミだけに本質的に距離は長そうです。


ならば4着のユウキソルジャーは菊花賞3勝のダンスインダダークの全弟のトーセン

ダンス産駒。菊花賞では魅力的な血統です。


九十九里特別を勝って穴人気になりそうなフェデラルホールも魅力的。この馬はステイ

ゴールド産駒でオルフェーヴルと同じノーザンテーストの3×4を持っている馬。母父

も英国ダービーを勝ったドクターデヴィアスでスタミナも兼ね備えている血統。


母父リアルシャダイのタガノビッグバンも穴人気になりそう。しかし父はフジキセキ。

ドリームパスポートの2着はあっても少し微妙な感じがします。





関連記事

コメント

応援しています

菊花賞楽しみですけど中心にしよって思ってたディープブリランテ回避になりましたね。
どれから買うか検討中なんで色々参考にさせて頂きます。

るりいろさんへ

コメントありがとうございます。ディープブリランテの回避は残念ですね。僕は神戸新聞杯直後から菊では本命にしたかった馬がいるのでそれから買いたいです。
非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。