スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークスの傾向と有力馬の血統分析

オークスはやはりサンデーの血を持っている馬が有利ですが、母父はノーザンダンサー系の馬が相性の良いレースだと思います。09年から12年まで母父ノーザンダンサー系の馬が勝っていて、昨年は2着のエバーブロッサムが母父デインヒルでした。


父サンデー系×母父ノーザンダンサー系の馬が毎年馬券になっています。注目種牡馬となるとやはりディープインパクト産駒でしょう。12年は上位独占で、昨年はダービーのキズナとジャパンカップではワンツーを決めました。東京芝2400メートルG1では相性の良い種牡馬です。


ハープスターは父ディープインパクトで母父はノーザンダンサー系のファルブラヴです。血統面からでもオークスの傾向に合っている馬です。しかも祖母は2冠馬ベガで、その産駒のアドマイヤベガがダービーを勝っています。


母父ファルブラヴでも祖母のベガが底力を上げている印象です。普通に走れば勝てそうですが、あとは桜花賞のような極端な競馬で勝てるかどうかです。


サングレアルはビワハイジの産駒でブエナビスタの妹です。ブエナビスタ自身もオークス、ジャパンカップを勝っていますし、ゼンノロブロイ産駒はサンテミリオンがこのレースを勝つなど東京芝長距離重賞に相性が良いです。この馬もオークスへの適性は高いです。


ヌーヴォレコルトはハーツクライ産駒で距離が伸びてよいという意見が出てきそうですが、母父がスピニングワールドで母系はスピード色が強い感じがします。ハープスターやサングレアルよりも血統面では結構劣ると思います。


フォーエバーモアはジャスタウェイの近親ですが、こちらも母系はスピードの寄っている感じがします。ネオユニヴァース産駒も牝馬でG1となると勝つイメージが湧かないです。


バウンスシャッセはゼンノロブロイ産駒は強調できて、母系からも距離は大丈夫そうです。実際に寒竹賞では牡馬を負かしていますし、元々桜花賞をパスして皐月賞へ出走した馬ですから距離は大丈夫そうです。


レーヴデトワールもゼンノロブロイ産駒で、こちらはレーヴディソールの妹です。兄がシンボリクリスエス産駒で青葉賞を勝ったアプレザンレーヴなのでこれも距離は大丈夫そうです。


フローラステークス2着のブランネージュはクリスエス産駒なのがかなりの不安点です。シャイニーガールは祖母が短距離重賞を勝ったディクターガールでオークスに凄い向いている血統ではないでしょう。


忘れな草賞を勝ったディルガはアメリカダート最強馬だったカーリンの産駒ですからオークスを勝つイメージはないです。マジックタイムはトライアルでは乗り替わりの影響があったでしょう。ハーツクライ産駒で母系はスタミナがあると思うので好走してもおかしくはないと見ています。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。