スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月賞の傾向と有力馬の血統分析


皐月賞の傾向は12年までは母父が欧州のスタミナ血統が良く来ていたレースでした。08年は母父トニービンのキャプテントゥーレ、09年には母父サドラーズウェルズのアンライバルドが勝ちました。


ところが昨年は母父サンデー系が上位を占め、ロゴタイプとコディーノはスピード色が強い血統でした。これはレコード決着となるような高速馬場だったことが原因だと思われます。


先週は芝丈を短くしたようで早いタイムが出るレースが多くありました。今週芝刈りを行うかわかりませんが、当日の馬場状態で傾向が変わるかもしれません。



トゥザワールドは母がトゥザヴィクトリーで兄にトゥザグローリーがいます。完成されるのは3歳秋以降になりそうですが、キングカメハメハ産駒牡馬クラシックを勝っておらず、皐月賞は昨年のコディーノの3着が最高というのは気になる材料です。


トーセンスターダムは叔父にトーセンジョーダンがいます。この牝系は高速馬場に強い血統と言え、トーセンジョーダンは天皇賞秋でレコード勝ちしています。中山未経験がどうでるかですが、速い時計の決着には不安はありません。


ワンアンドオンリーは母父がタイキシャトルで母系にダンチヒが入っています。母系はスピード色が強いと思うので昨年のような馬場になればチャンスは大きそうです。イスラボニータはクラシック未勝利のフジキセキ産駒で母父がコジーンなので東京コースの方がパフォーマンスを発揮できそうです。


同じフジキセキ産駒でもロサギガンティアは母がドイツ血統でエイシンフラッシュやワールドエース当たりが馬券になっています。高速馬場でも対応できそうです。アジアエクスプレスはダートの方が適性がありそうな血統でクラシックを勝つ血統からは外れていると思います。


若葉ステークスを勝ったアドマイヤデウスは叔父にアドマイヤフジがいます。ただ父がアドマイヤドンなのはこれもクラシックを勝つ適性は疑問です。ウインフルブルームは母父がサクラユタカオーで12年までのスタミナがいる馬場よりも昨年のような馬場が合いそうです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。