スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産経大阪杯とダービー卿CTの傾向と有力馬解説

・産経大阪杯 


出走予定馬のほとんどが父サンデー系で、エピファネイアも母父スペシャルウィークです。このレースは母父はノーザンダンサー系や馬力のある血統などが良く馬券になっている印象があります。


キズナはファレノプシスの弟で、母父ストームキャットですから2000メートルも問題ないでしょう。久々のレースで内回りコースが不安ですが、古馬になってパワーアップしている可能性も否定できません。


エピファネイアは日米オークス馬のシーザリオの産駒で、これも菊花賞以来となります。父がロベルト系ですから久々は良いとは言えないと思います。距離も不安はなくある程度のペースで流れた方がパフォーマンスは良さそうです。


メイショウマンボは母父はグラスワンダーですから内回りコースには対応できそうです。この馬も久々のレースです。距離も問題ないですし、牡馬相手のレースでどこまでやるかでしょう。


その他ではショウナンマイティは一昨年の勝ち馬ですから適性は問題なし。とにかく状態次第でしょう。カレンミロティックはハーツクライ産駒で、阪神芝2000メートルは勝ち切るケースはあまりないですが、馬券圏内には結構来ています。



・ダービー卿チャレンジトロフィー


3年連続で父サンデー系が勝っているレースで、母父はミルジョージやジェネラスなどの馬が勝っているので馬力がありそうな血統が良いかもしれません。


コディーノは叔母にシンコウラブリイがいるのでマイル路線に進むのは間違っていないと思います。近親のキングストレイルは中山で実績があるようにこの馬も中山にも対応出来ると思います。


レッドアリオンはリディルやクラレントの弟であることは有名です。母父のリファール系は暖かくなると活躍することで有名、中山もコースが悪いと言う感じはしません。


マウントシャスタは祖母に京王杯AHを勝ったクロカミがいて、兄に弥生賞を勝ったカミノタサハラがいるので中山コースは悪くないと思います。トリップは叔母にトゥザヴィクトリーがいる血統で、母父サンデーもこのレースではまったくダメではないです。


ダイワファルコンはスカーレットブーケの一族で中山コースは得意で注意した方が良いかもしれません。アユサンはディープ×ストームキャットのニックス配合で現状はマイルが良いのではないかと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。