スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年秋華賞の回顧

今年の秋華賞は前半の1000メートルが62秒2というかなりのスロー

ペースでしたが、向こう正面途中からチェリーメドゥーサが一気に先頭に

立って最後の直線の途中まで後続を引き離しての競馬でした。


しかし、最後の200メートルあたりでジェンティルドンナとヴィルシーナ

の2頭が追い込んできてゴールまで2頭の叩きあい。並んだままゴールでした

が鼻差でジェンティルドンナが出ていて牝馬3冠を達成しました。


ジェンティルドンナは4コーナーでムチが入っていたのと着差のように3冠

のなかでも1番苦しい競馬でした。それでも最後は能力の違いで勝ったような

もの。この馬は内回りで苦戦するということでしょう。


ヴィルシーナはあと1歩の競馬。内枠を生かして前目につけてのジェンティル

ドンナを負かす競馬でしたが、内回りと枠順が味方したからこその僅差の競馬

だったのでしょう。


アロマティコは前走で準オープンで古馬相手に1番人気になっていてタイム差

なしの競馬。4着のブリッジクライムと5着のチェリーメドゥーサと春クラシック

に出ていなかった馬たちも力をつけているということでしょう。


本命にしていたアイスフォーリスは15着惨敗。先行していい感じで来ていると思っ

たのですが上がりがこの馬にとっては速過ぎたか。それと関東馬は栗東滞在ではない

と結果が出せないということでしょう。


この世代の牝馬は専門家の方の意見も多いと思いますが、やはりジェンティルドンナ

だけ力が突出しているのではないでしょうか。オークスの勝ち時計が次週のダービー

より速かったことから、牡馬との対戦でもやれそうです。




関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。