スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山記念などの傾向や血統分析

・中山記念


近年にない豪華なメンバーとなりそうです。このレースは顕著な傾向がないのですが、馬力がある血統が良さそうです。一昨年勝ったフェデラリストは父がアメリカのダート種牡馬のエンパイアメーカーで、昨年勝ったナカヤマナイトも母系はダート血統です。


トウケイヘイローは牝系にアドマイヤマックスやラインクラフトなどがいる血統です。母父はダートに強いミルジョージですからこのレースとの相性も良いと思います。開幕週の馬場で内枠引いたら勝機はかなり高まりそうです。


ジャスタウェイは先週のクイーンカップを勝ったフォーエバーモアーが同じ牝系にいます。しかしこの馬はコーナー4つの小回りは実績を残していません。どこまで対応できるかでしょう。


ヴェルデグリーンは祖母にオークス馬のウメノファイバーがいる血統ですが、中山1800メートルも得意かは微妙です。ロゴタイプの父はこのレースを勝ったことのあるローエングリーンですからコース適性は問題ないのであとは状態しだいでしょう。


他ではナカヤマナイトは言わずと知れた中山巧者で昨年の勝ち馬ですが、以前はリピーターが強いレースだったので注意が必要でしょう。カレンミロティックは母父がアメリカの大種牡馬のエーピーインディでこのレースへの適性もありそうです。



・阪急杯


このレースは父サンデー系が不振なレースで、連対したのは3年前のガルボだけです。またダート血統も良く来ています。父は非サンデー系が良さそうです。


ダノンシャークは父がサンデー系のディープインパクトで、ディープ産駒は芝1400メートルの重賞は苦手な印象があります。私だったら軸にはしないです。コパノリチャードも父はサンデー系ですが、この馬は1400メートル得意のダイワメジャーですから微妙なところです。


ガルボも父はサンデー系のマンハッタンカフェですから、1400メートルで実績のあるサンカルロやサンデーの血が入っていないサンレイレーザーあたりは注目した方が良いと思います。



・アーリントンカップ


このレースはダート血統が良い感じがします。ダイワメジャー産駒が昨年勝ったように芝1400メートルでも走りそうな血統が良いかもしれません。


ミッキーアイルは母系がスピード色が強い血統でマイルは合っているかと思いますが、他に負かしそうな馬として、エイシンブルズアイは父はミスプロ系で母父は日本ではマイナーな血統です。ダート血統なのは良いと思います。


タガノグランパは近親にタガノテイオーがいますが、母父サンデー系はこのレースと相性は悪いです。フェルメッツアは中京記念を連覇したフラガラッハの弟ですからマイルは合うと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。