スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーステークス2014の血統分析


今週は今年中央競馬で初めてのビッグレース、フェブラリーステークスが行われるのですが、このレースの傾向としてはロベルト系が強いです。昨年も人気のなかった母父ブライアンズタイムのエスポワールシチーが2着に来ています。


このレースの登録馬で確実に出走できそうなロベルト系はグランドシチーとダノンカモンですが、共に少し厳しいのではないかと思います。出走できればソロルはまだ底を見せてないので分からないです。


過去1年の東京ダート1600メートルで比較的相性のよい種牡馬では、ゴールドアリュールとキングカメハメハが3着内率3割を超えています。


ベルシャザールは同コースの武蔵野ステークスを勝っています。母のマルカキャンディは府中牝馬ステークスを勝っているので東京コースは走るのでしょう。キンカメ産駒もコース適性は悪くないですし後はJCダート以来のレースで状態面だけでしょう。


ホッコータルマエもキンカメ産駒です。母父は遡るとナスルーラの系統ですが、このレースと比較的相性の良い血統です。マイルはあまり悪くはないと思いますが、中距離を主に使われているのでどうかと思います。この馬は使い詰めで来ている点で状態がポイントとなりそうです。


ワンダーアキュートは兄にダート重賞で活躍したワンダースピードがいます。コース相性は悪くないと思うので今回も堅実に走る可能性は高そうです。ニホンピロアワーズはマイル戦が鍵となりそうですが、母系にヌレイエフが入っているので悪くはないですが、初めてのマイルなのがどうでしょう。


ベストウォーリアは父がボールドルーラ系ですが、テスタマッタと同じエーピーインディの系統です。東京ダートは3戦2勝ですから怖い1頭かもしれません。ゴールスキーはゴールドアリュールの弟です。母父ヌレイエフは東京コースは得意ですから根岸組でも評価したい馬です。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。