スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京新聞杯ときさらぎ賞の傾向と有力馬解説


・東京新聞杯


傾向としてはサンデー系、ヘイロー系、ロベルト系などのターントゥ系が強いレースです。過去5年の勝ち馬はすべて父ターントゥ系です。また母父は馬力のあるノーザンダンサー系が良さそうです。また血統だけではスタミナがありそうな配合も良さそうです。


ショウナンマイティは一昨年の勝ち馬のガルボの父でもあるマンハッタンカフェ産駒です。母父ストームキャットもサンデー系とは相性が良く、リボー系のアレッジドのクロスが入っています。適性は悪くないのであとは状態でしょう。


クラレントは兄弟が活躍していて、昨年の勝ち馬ですから適性は問題なし、東京コースも良いです。ダノンシャークも富士ステークス勝ちからコース適性は問題なし。母父はカーリアンですからレースと相性の良い血統だと思います。


エキストラエンドは兄にローエングリーンがいるのでマイルでも走れるのでしょう。母はフランスオークスなど勝っているので力のいる馬場もこなせそうです。コディーノは叔母にシンコウラブリイがいるので今はマイルぐらいが良さそうです。



・きさらぎ賞


過去5年連続で父サンデー系が勝っています。過去5年の馬券対象馬のうちおよそ8割は父サンデー系です。母系は基本的にスタミナか馬力がある馬が良さそうです。父はクラシックで好走できそうな馬が良さそうです。


バンドワゴンはサンデーの血が入っていません。母系はアメリカのダート血統の感じがします。父はホワイトマズルでリファールの血が入っている馬はこのレースと比較的相性がよいのですが・・・。


トーセンスターダムは叔父にトーセンジョーダンやトーセンホマレボシがいる良血です。父ディープインパクトはこのレースで産駒が2勝しています。高速馬場に強い血統ですが、外回りも良さそうで今回の条件はあっていると思います。


サトノルパンは兄にクラレントやrリディルがいる血統で、その2頭は京都で重賞を勝っています。リファールのクロスが入っていて父がディープですからコース条件は良いはずです。ピークトラムはグレイソヴリン系×サンデー系です。逆の配合が4年前のレースで上位独占でした。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。