スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋華賞出走馬の分析


ジェンティルドンナの母ドナブリーニは英6ハロンのG1を制した馬で、全姉

は関屋記念などを制したドナウブルー。母系がダンチヒ系なので平坦コースは

得意だけにあとはどれだけ内回りに対応できるか。


ヴィルシーナの母父はマキャヴェリアンで、サンデー系×母父マキャヴェリアン

はヴィクトワールピサと同配合。母方にヌレイエフも入っていることから、適性

は中距離にあるかもしれません。


アイムユアーズの父ファルブラヴは牝馬に活躍馬が多い中、G1では勝ちきれない

種牡馬ですが、母方にはダイナカールがいる一族で、その母系が底力を引きだして

いる感じ。


ハナズゴールは母系が地味で突然変異馬かも。それでも父オレハマッテルゼは

短距離で活躍したものの、血統的には中距離でもこなせる配合で、同世代の20

00メートルならばまだ大丈夫。


ミッドサマーフェアの父タニノギムレットは京都の内回りがどうか。アイスフォー

リスの父は内回り得意のステイゴールド産駒で、このレースに相性のいいヴァイス

リージェント系が母系。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。