スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念の出走馬コメント②


アドマイヤラクティは母父が06年2着馬のポップロックの父でもあるエリシオです。父ハーツクライで有馬適性はありそうですが、エンジンの掛かりが遅い馬なのでこのコース形態をどうやって攻略するかでしょう。

ヴェルデグリーンは祖母がオークスを勝ったウメノファイバーです。母系からは東京向きの感じがしますが、この馬はオールカマーを勝ったり中山でも実績があるのでコース適性は悪くないと思います。

トーセンジョーダンは近親に活躍馬が出ている血統で、カンパニーと似たような配合です。2年連続で5着したので決して悪くないコースだと思います。ジャパンカップ3着で復調したのでしょう。

ダノンバラードはヘイローの3×3の濃いクロスを持っています。距離は長いかもしれませんが、中山ではAJCC杯優勝、さらに宝塚記念2着ですから小回りコースに適性がありそうです。

ナカヤマナイトは中山コースで実績があり、昨年のレースは外枠が影響したでしょう。グランプリに強いステイゴールド産駒ですが、こちらは母系が地味な血統です。なので合いそうな宝塚記念でもなかなか良い着順が拾えないのでしょう。

トゥザグローリーはこのレース2年連続3着の実績があります。母のトゥザヴィクトリーもこのレースでは3着でした。この馬は秋3走してどこまで過去の出来に戻っているかがポイントになりそうですが、冬は走ります。

ルルーシュは昨年もこのレースに出走したのですが、大外枠の影響もあったでしょう。父が04年の勝ち馬のゼンノロブロイで母系は欧州血統ですから有馬の適性はあると思うのですが、中山は過去3走で馬券になっていません。

ラブイズブーシェは01年の勝ち馬であるマンハッタンカフェ産駒です。母父はメジロマックイーンですから有馬適性は悪くないと思いますが、実力は現状厳しいでしょう。

ラブリーデイはキングカメハメハ×ダンスインザダークの血統です。ダンスインザダークの産駒は冬の中山では不振で、有馬記念でもデルタブルースなどが馬券になりませんでした。実力もこのメンバーでは厳しそうです。

タマモベストプレイは兄妹がみんなマイル前後で走っている血統です。なので血統派は手が出ない馬です。

テイエムイナズマは回避馬がでないと出走できないみたいですね。父がディープインパクトの兄のブラックタイドですが、これも実力的に厳しいでしょう。


これが有馬記念の個人的な血統を交えた簡単なコメントです。また来年もGⅠを中心に出走予定馬の血統について書いていきたいと思います。予想はいつも通りに土曜に書きたいと思います。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。