スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日杯FSのレース傾向と有力馬解説


今年で中山で開催される朝日杯は終了となります。来年は傾向がない状態となるのですが、ここ近年の朝日杯にはきっちりとした傾向があります。

血統派の人はご存知かと思いますが、母父サンデーサイレンスの馬が5年連続で勝利しています。そして昨年は3着までがすべて母父サンデーの馬です。母父サンデー系にまず注目。

逆に父サンデー系の馬は06年のドリームジャーニー以来勝っていない鬼門のレースです。過去5年でも2着に入ったのは10年のリアルインパクトだけです。父サンデー系は割引です。



牝馬のベルカントはグランポリボスの父でもあるサクラバクシンオー産駒で、母父ボストンハーバーで仕上がりが早い血統と思われます。距離も中山マイルなら今の時期なんとか持ちそうですが、あとは牡馬との力関係でしょう。

アトムはディープインパクト産駒。母父ラーイはダートの方が良績がある種牡馬でダート血統は悪くないと思いますが、父サンデー系は疑問。プレイアンドリアルも母父はアドマイヤドンの父であるティンバーカントリーですが、こちらも父がサンデー系のデュランダルです。

アジアエクスプレスは父がヘニーハウンドの父でもあるヘニーヒューズで母系はコジーンの系統で芝がまるっきりダメとは思いませんが、初芝がGⅠなのは厳しい条件でしょう。

唯一の母父サンデーがショウナンワダチで、母は阪神JFを勝ったショウナンパントルで、牝系にはバブルガムフェローがいるので母系はかなり高く評価できます。父チチカステナンゴはわかりませんが、母父スペシャルウイークのタッチザピークも侮れないと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。